連載
» 2008年12月12日 20時01分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:操作性やレスポンスが向上、8.1Mピクセルならではの描写力はさすが──「EXILIMケータイ W63CA」 (3/5)

[荻窪圭,ITmedia]

 では作例を見ていこう。いつもの黄色い象のすべり台とあずまやから。

photo 黄色い象のすべり台。

 地面の暗さにひっぱられて、日の当たったすべり台が白飛びギリギリ。ただ、ディテールの解像感は悪くない

photo あずまや

 あずまや付近の細かい松葉もかなりしっかりと解像され、8.1Mピクセル機らしい絵だった。これはなかなかだ。

 さらに青空を。

photo 白い煙突と林、そして青空

 これはハイコントラスト傾向の構図だが、青空がきれいなグラデーションで表現され、煙突の隣に小さく見える月もしっかり写っていた。さらに木々の濃い色もつぶれていない。これはすばらしい。

 次は人物を屋外と屋内で。

photo  
photo  
photo 1枚目と2枚目は薄曇りの屋外、3枚目は白熱灯下のかなり暗い室内で撮影

 3枚とも「フェイスフォーカス」を使ってピントを合わせた。フェイスフォーカスは動作も機敏で使い勝手がいい。発色に派手さはないが肌色の出方が安定しており、なかなかナチュラルに仕上げるのはさすがだ。3枚目はやや補正しきれなかったが。

 続いて「オートリサイズ」機能をチェックしよう。

photophoto オートリサイズ機能を使ったデジタルズームで、夕焼けと遠方かすかに見える富士山を撮影 左:ズームなし 右:オートリサイズズーム

 ベストショットの“トワイライト”モードに設定し、日没直後の西の空を撮ってみた。1枚目の広角からズームキーを押すと自動的に画像サイズ設定を小さくしながらデジタルズームがかかり、大きく画質を劣化させずにズーミングできる。1Mサイズ相当まで連動してズームすると富士山もここまで大きく撮れる。

photophoto オートリサイズ機能を使ったデジタルズームで、ねこを撮影 左:ズームなし 右:オートリサイズズーム

 この作例のように、あまり近寄れない(逃げてしまう)被写体を写すときもオートリサイズになっていれば8.1Mの高画素を生かした劣化の少ないデジタルズームでさっと寄れる。ケータイカメラに8.1Mピクセルなど必要ないという声もあろうが、高画素の撮像素子を活用するとこのような機能も盛り込めるのだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう