法人向けサービスをAPI化して提供――ドコモの「ビジネスmoperaコマンドダイレクト」

» 2009年01月28日 19時48分 公開
[ITmedia]

 NTTドコモは、法人利用の携帯電話を、企業の設備から制御可能にする組み込み型サービス、「ビジネスmoperaコマンドダイレクト」を1月30日から提供開始する。

 ビジネスmoperaコマンドダイレクトは、携帯電話の設定変更やデータ送信、紛失時のロック機能など、ドコモが提供する法人向け機能をAPI化して提供するもの。このシステムを導入する企業は、使いたい機能を選び、それを企業設備と組み合わせて利用可能になる。

Photo サービス構成イメージ
Photo 「ビジネスmoperaコマンドダイレクト 接続エンジン」をインストールすることで、ドコモが提供するサービスをAPIで操作できるようになり、ドコモサービス基盤との間の認証や通信制御などの処理を意識することなくアプリケーションを開発できる
ビジネスmoperaコマンドダイレクトの利用例
組み合わせ 効果
人事システム(企業設備)×電話帳機能(ビジネスmoperaコマンドダイレクト) 異動となった人の連絡先の追加や削除を業務用携帯電話に配信することで、連絡先の更新を手早く、漏れなく実施できる
スケジューラ(企業設備)×ロック/利用中断機能(ビジネスmoperaコマンドダイレクト) 週末になると自動的に業務用携帯電話をロックさせ、プライベートタイムの情報漏えいに備える
WEB社員録(企業設備)×一斉同報機能(ビジネスmoperaコマンドダイレクト) Webの社員録から担当全員の携帯電話に同報メッセージを送信。電話番号をもとにメッセージを送信するので、iモードメールアドレスを管理する手間がかからない
携帯業界のトレンドを知りたいと思ったら→+D Mobile「業界動向」へ
  • 各キャリアの発表会リポート
  • 国内外の携帯市場動向
  • 通信業界のキーパーソンインタビュー
  • 携帯事業者別シェア/携帯出荷台数
  • 携帯関連の調査リポート記事

携帯業界のトレンドや今後を把握するのに必要な記事だけを集めたのが“+D Mobile 業界動向”。記事はトピックや連載ごとにアーカイブされ、必要なときにまとめてチェックできます。
今すぐアクセス!


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー