ニュース
» 2018年09月06日 20時45分 公開

ドコモ、釧路市内の一部エリアで大ゾーン基地局を運用 地震の影響で【更新】

ドコモが、釧路市内の一部エリアで「大ゾーン基地局」の運用を開始した。北海道胆振地方で発生した地震の影響で停電の長期化が予想され、一部エリアの維持が困難になるため。

[田中聡,ITmedia]

 NTTドコモは、北海道胆振地方で発生した地震により、一部地域で通信しにくい状況が発生していることを受け、9月6日16時26分から釧路市内の一部エリアで「大ゾーン基地局」の運用に切り替えた。停電の長期化が予想され、一部エリアの維持が困難になるため。

 大ゾーン基地局は、災害や停電の発生時に人口密集地での通信を確保するため、通常の基地局よりも広範囲をカバーするのが特徴。一方、カバー範囲が広く、通常の基地局よりも多くのユーザーを収容するため、建物の中で利用しにくくなる、または通信のスピードが出にくくなる恐れがある。

 ドコモは、「できるだけ多くのお客さまのご利用を最優先に考えての措置」だとして、理解を求めている。不要な通信はできるだけ控え、安否確認や災害の情報収集などに活用するようにしたい。

大ゾーン基地局 大ゾーン基地局は半径約7kmのエリアをカバーする

【2018年9月7日15時53分追記】

 釧路市内エリアの復旧が進んだため、大ゾーン基地局は9月7日14時45分に運用を終了した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう