ニュース
» 2019年01月29日 14時00分 公開

コールドウォレット機能付きディスプレイ搭載――世界初のブロックチェーンスマホ「FINNEY」が日本上陸 直販標準価格は999ドル

スイスの「SIRIN LABS(シリンラボ)」が、世界初の「ブロックチェーンスマホ」を日本で販売する。Androidをベースに暗号通貨(仮想通貨)の取り扱いに適したセキュリティ機能を付加したOS「SIRIN OS」を搭載し、本体内にあるコールドストレージを安全に扱うためのスタンドアロンスクリーンも備える。

[井上翔,ITmedia]

 スイスSIRIN LABS(シリンラボ)は1月29日、世界初をうたうブロックチェーンスマートフォン「FINNEY(フィニー)」を日本向けに正式展開することを発表した。同社のWeb直販での標準販売価格は999ドル(Webサイト上の換算価格:10万9309円)だが、現在はキャンペーンとして899ドル(Webサイト上の換算価格:9万8368円・送料込み)で販売している。1月30日・31日に横浜市で開催される「ジャパンブロックチェーンカンファレンス2019」で直接販売を行う他、東京のリアル店舗(今後オープン予定)やAmazonでも取り扱う予定だという。

FINNEY FINNEY(左がCoal Black、右がPebble Gray)

 FINNEYは、暗号通貨(仮想通貨)の取り扱うためのスタンドアロンスクリーン(サブ画面)として「セーフスクリーン」を搭載。Androidをベースとする独自OS「SIRIN OS」によって、暗号通貨を安全に取り扱うために必要な以下の機能を備えている。

  • コールドストレージウォレット(※)
  • マルチレイヤーの総合サイバーセキュリティスイート
  • トークンコンバージョンサービス
  • マルチブロックチェーンDAppストア

※ ネットから完全に切り離された、暗号通貨(トークン)を保存するための記憶領域

セーフスクリーン コールドストレージウォレットに保存した暗号通貨を扱うときは「セーフスクリーン」を出す

 主な仕様は以下の通り。Androidスマホとしても「ハイスペック」な仕様となっている。

  • プロセッサ:Qualcomm Snapdragon 845
  • メインメモリ:6GB
  • 内蔵ストレージ:128GB
  • 外部ストレージ:microSDXC(最大2TBまでサポート)
  • ベースOS:Android 8.1
  • メインディスプレイ:6型フルHD+(1080×2160ピクセル)・ノッチあり
  • セーフスクリーン:2型モノクロ(256×64ピクセル)・マルチタッチ対応
  • アウトカメラ:有効1200万画素(デュアルフェーズオートフォーカス対応)
  • インカメラ:有効800万画素(視野角85度)
  • 指紋センサー:あり
  • モバイル通信:LTE・W-CDMA・CDMA2000・GSM
  • SIMカード:Nano SIM
  • Wi-Fi(無線LAN):IEEE 802.11ac/a/b/g/n(11acは2×2 MIMO対応)
  • Bluetooth:5.0
  • NFC:対応(Type A/B)
  • バッテリー容量:3280mAh
  • 外部接続端子:USB 3.1 Type-C(Quick Charge 4.0対応)
  • ボディーサイズ:74.6(幅)×158(高さ)×9.3(奥行き)mm
  • 重量:約209g

 モバイル通信のうち、LTEとW-CDMAにおける対応周波数帯(Band)は以下の通り。なお、最高通信速度はLTE通信時が下り600Mbps・上り150Mbps(共に理論値:下り通信は3波キャリアアグリゲーション対応)、W-CDMA時が下り42Mbps・上り11Mbps(共に理論値:HSPA+適用時)となる。

  • FD-LTE:Band 1/2/3/4/5/7/8/11/12/13/17/18/19/20/21/25/26/28/29/30/66
  • TD-LTE:Band 38/41
  • W-CDMA:Band 1/2/4/5/6/8

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう