ニュース
» 2019年10月07日 15時15分 公開

Y!mobileが2019年秋冬商戦向けスマホを発表 「Xperia 8」など4機種

Y!mobileが、2019年秋冬商戦向けのスマートフォンを発表した。Y!mobileブランド初の「Xperia」を始めとする4機種が、順次発売される。

[井上翔,ITmedia]

 ソフトバンクとウィルコム沖縄は10月7日、Y!mobileブランドの2019年秋冬商戦向けスマートフォンを4機種発表した。10月下旬以降順次発売される予定だ。

(価格は全て税込み

Xperia 8(ソニーモバイルコミュニケーションズ)

 「Xperia 8」はソニーモバイルコミュニケーションズ製のミドルレンジスマホ。アスペクト比21:9の6型フルHD+(1080×2520ピクセル)液晶ディスプレイを搭載することで、大画面と片手で使いやすい横幅(69mm)の両立を実現した。発売は10月下旬を予定しており、同月9日から販売予約を受け付ける。Y!mobileオンラインストアでの販売価格は5万4000円だ。

 スペックなどの詳細は、別記事を参照してほしい。

Xperia 8 Xperia 8(正面)
Xperia 8 Xperia 8(背面)

ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン(2020年1月31日まで)

 Y!mobileにおける初のXperia発売を記念して、Xperia 8の購入者を対象に、抽選でソニー製のヘッドフォンやイヤフォンが当たる「ワイモバイル初!Xperia発売記念キャンペーン」が実施される。

 発売日から2020年1月31日までの期間中に、Xperia 8にプリインストールされている「Xperia Lounge Japan」アプリから応募すると、その場で当落が判明する。

キャンペーン キャンペーンで当たるヘッドフォンやイヤフォン

Libero S10(ZTE)

 「Libero S10」はZTE製のミドルレンジスマホ。IP57等級の防水・防塵(じん)性能を確保しつつ、「手袋モード」やデュアル構成のアウトカメラによる「ポートレート撮影」など、日本市場でニーズの高い機能やトレンドをしっかりキャッチアップしている。発売は11月上旬以降の予定で、Y!mobileオンラインストアでの販売価格は2万8800円だ。

Libero S10 Libero S10(正面)
Libero S10 Libero S10(背面)

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 450」で、メインメモリは3GB、ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。ディスプレイはフルHD+(1080×2160ピクセル)の5.7型TFT液晶を搭載する。

 アウトカメラは1300万画素センサーと200万画素センサーのデュアル構成。インカメラは500万画素センサーのシングル構成だ。バッテリーは3100mAhで、満充電からの連続待受時間は約460時間(FD-LTEエリア)、連続通話時間は約1440分(VoLTE利用時)となる。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11b/g/n(2.4GHz帯)に対応しており、Bluetooth 4.2も利用できる。おサイフケータイやテレビ受信機能は搭載しない。

 ボディーサイズは約73.2(幅)×152.7(高さ)×8.4(奥行き)mmで、重量は約165g。カラーはホワイトとネイビーを用意する。プリインストールOSはAndroid 9となる。

Android One S6(京セラ)

 Android One S6は、京セラ製のミドルレンジスマホ。Googleの「Android One」プログラムに準拠しており、発売から24カ月以内に最低1回のOSバージョンアップ、発売から3年間のセキュリティアップデート提供が保証されている。発売は12月中旬以降の予定だ。

Android One S6 Android One S6(正面)
Android One S6 Android One S6(背面)

 プロセッサはMediaTekの「Helio P35」で、メインメモリは3GB、ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。ディスプレイはフルHD+(1080×2280ピクセル)の5.84型TFT液晶を搭載する。

 アウトカメラは1600万画素センサーと800万画素センサーのデュアル構成。インカメラは800万画素センサーのシングル構成だ。バッテリーは3050mAhで、満充電からの連続待受時間は約630時間(FD-LTEエリア)、連続通話時間は約1560分(VoLTE利用時)となる。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応しており、Bluetooth 5.0も利用できる。おサイフケータイには対応するが、テレビ受信機能は搭載しない。

 ボディーサイズは約73(幅)×153(高さ)×8.9(奥行き)mmで、重量は約151g。IPX5/IPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵性能を有している。カラーはラベンダーブルー、ホワイトとブラックを用意する。プリインストールOSはAndroid 10となる。

Android One S7(シャープ)

 Android One S7は、シャープ製のミドルレンジスマホ。S7同様にAndroid Oneプログラムに準拠している。発売は12月中旬以降を予定している。

Android One S7 Android One S7(正面)
Android One S7 Android One S7(背面)

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 630」で、メインメモリは3GB、ストレージは32GBを備える。外部ストレージは最大512GBのmicroSDXCに対応する。ディスプレイはフルHD+(1080×2160ピクセル)の5.5型IGZO液晶を搭載する。

 アウトカメラは1200万画素センサー、インカメラは800万画素センサーのシングル構成だ。バッテリーは4000mAhで、満充電から約1週間(メーカー独自基準)の連続稼働を実現しているという(詳細な稼働時間は計測中)。Wi-Fi(無線LAN)はIEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応しており、Bluetooth 5.0も利用できる。おサイフケータイには対応するが、テレビ受信機能は搭載しない。

 ボディーサイズは約70(幅)×147(高さ)×8.9(奥行き)mmで、重量は約167g。IPX5/IPX8等級の防水性能とIP6X等級の防塵性能を有している。カラーはライトカッパー、シルバーとブラックを用意する。プリインストールOSはAndroid 10となる。


 新機種の発売に伴い、メーカー主催の「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」が開催される。今回発表された新機種の購入者が対象で、もれなく1000円分のPayPay残高がプレゼントされる。

 このキャンペーンは夏モデルのと「HUAWEI P30 lite」(ファーウェイ製)も対象で、こちらはもれなく3000円のPayPay残高がプレゼントされる上、抽選で500人には追加で7000円の残高も付与される。

 対象となる購入期間と申し込み時期は機種によって異なるため、PayPayの特設サイトを確認してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう