ニュース
» 2019年11月04日 23時01分 公開

Adobe MAX 2019:「Adobe Creative Cloud」が2020年版に クラウド対応を強化 機能追加やパフォーマンス改善も実施

Adobe(アドビ)の有料サブスクリプションサービス「Creative Cloud」の各種アプリが2020年版に。新機能の追加はもちろん、従来からある機能の改善も図っている。

[井上翔,ITmedia]

 米Adobe Systemsは11月4日(米国東部時間)、クリエイター向けイベント「Adobe MAX 2019」に合わせて、有料サブスクリプションサービス「Adobe Creative Cloud(Adobe CC)」を2020年版にアップデート。アプリの機能追加やパフォーマンス改善などを実施する。有効なサブスクリプション契約をしているユーザーは、無償でアップデート可能だ。

 この記事では、Adobe CCを構成する主要なアプリのアップデート内容を紹介する。

全体概要 Adobe Creative Cloud(2020年版)の概要

Photoshop(デスクトップ版)

 画像編集ツール「Adobe Photoshop」のデスクトップ版(Windows版/macOS版)では、主に以下の機能追加・改善が行われる。

  • クラウドドキュメントへの対応
  • 「オブジェクト選択ツール」の追加
  • 「属性パネル」の機能改善
  • 「スマートオブジェクト」をレイヤーとして定義可能に
  • コンテンツに合わせた「塗りつぶし機能」の改善
  • 変形時の「縦横固定」を旧バージョンと同じ操作に戻せる機能の追加(実装済み)
PS新機能(その1) Photoshopの新機能(その1)
PS新機能(その2) Photoshopの新機能(その2)
オブジェクト選択ツール オブジェクトの形状を判断して自動的に切り抜き・複製範囲を指定してくれる「オブジェクト選択ツール」。AdobeのAI技術「Adobe Sensei」を活用しているという(画像はmacOS版)

Lightroom/Lightroom Classic

 クラウドベースの写真編集ツール「Adobe Lightroom」では、主に以下の機能追加・改善が行われる。一部は、デスクトップ向けの「Adobe Lightroom Classic」にも反映される。

  • 画像のエクスポート機能の強化(デスクトップ版とAndroid版のみ)
  • チュートリアル機能の拡充(デスクトップ版のみ)
  • 「パノラマ写真」で自動的にエッジを塗りつぶす機能の追加(デスクトップ版のみ)
  • 「共有グループアルバム」への写真投稿機能の追加(Android版/iOS版のみ)
  • カメラ本体とレンズのプロファイルを追加
  • 複数のプリセットを使った画像の一括書き出し機能の追加(Classicのみ)
Lightroomの新機能 Lightroomの新機能
Lightroom Classicの新機能 Lightroom Classicの新機能
パノラマ(その1) 複数の写真を合成して写真を合成する「パノラマ写真」で……
パノラマ(その2) 自動的に空白部分を塗りつぶす(補完する)機能が追加される。これもAdobe Senseiを活用した機能とのことだ

デジタルビデオ製品(Premiere Pro、Premiere Rushなど)

 プロやハイアマチュアをターゲットとする動画編集ツール「Premiere Pro」では、主に以下の機能追加・改善が行われる。

  • 動画のリフレームを自動で行う機能の追加
  • HDR(ハイダイナミックレンジ)動画書き出しの機能強化
  • 書き出せるファイル形式の追加
  • タイムリマップが最大で「2万%」まで可能に

 クラウドベースの「Premiere Rush」では、日本人にピッタリなテンプレートを追加するという。

Premiere Pro Premiere Proの新機能
オートリフレーム 元の動画から異なるアスペクト比の動画を自動的に書き出す「オートリフレーム機能」。ここでもAdobe Senseiを駆使し、被写体の動きを検知して切り出す部分を自動判定してくれる(モーションテンプレートはレスポンシブル対応のものなら自動追従)
Rushのテンプレ Premirer Rushではテンプレート画像を追加

 その他、モーショングラフィックス作成ツール「After Effects」ではプレビューやプレイバックをする際のパフォーマンス改善やグラフィックテキスト機能の強化など、アニメーション作成ツール「Character Animator」では、作成するアニメーションにキーフレームを設定する機能の追加などが行われる。


 「Adobe Illustrator」を始め、Adobe CCに含まれる他のアプリにも新機能や機能改善が行われる。アプリの更新は、デスクトップ版なら「Creative Cloud Desktop」から行える。

Illustratorの新機能 Illustratorの機能追加と改善

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう