ニュース
» 2020年03月10日 17時01分 公開

Yahoo!防災速報、災害状況を共有できる「災害マップ」正式版を提供

ヤフーの防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」が、ユーザー同士で現在地の災害とライフラインの状況を共有できる「災害マップ」の正式版を提供開始。ライフラインに異常が見込まれる地域のユーザーに対し、アプリからプッシュ通知を配信する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ヤフーの防災通知アプリ「Yahoo!防災速報」は、3月10日に「災害マップ」の正式版を提供開始した。

Yahoo!防災速報 災害マップ

 本機能は公的機関から発信される情報だけではなく、ユーザー同士が現在地の災害状況を共有できる機能として、2019年10月11日から約1カ月間の期間限定で試験的に導入。導入期間中に発生した台風19号などに対し、ユーザーから6万件を超える投稿があり、フィードバックの反映と改善を重ねた上で正式版をリリースした。

Yahoo!防災速報 台風19号による発災時、実際にユーザーが投稿した様子

 誤った情報や憶測などの投稿を抑止するため、位置情報をオンに設定し、現在地に災害の危険が迫っていることを知らせる「異常感知通知」「避難情報 (避難準備、避難勧告、避難指示)」「大雨危険度通知 (警戒レベル3相当以上)」のプッシュ通知が届いた場合にのみ、投稿を可能としている。この結果、誤った情報は数件程度に抑えられたという。

 ユーザーは「停電」や「断水」などのボタンをタップするだけで現在の状況を投稿でき、周辺地域のユーザーからの投稿も地図上で確認できる。「異常感知通知」から遷移した地図画面上や、避難情報、大雨危険度の通知画面に表示される投稿ボタンから、現在地の災害状況を選択・投稿してユーザーに共有することもできる。

 また、ユーザーの現在地や設定した地域周辺で、異常発生中と判定された場合にプッシュ通知を実施。災害が発生する数時間前から迫った危険を確認できるため、余裕をもった避難の判断が行えるとしている。

Yahoo!防災速報 利用イメージ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう