今日から始めるモバイル決済
ニュース
» 2020年05月15日 18時16分 公開

東京都税の納付書が「PayPay請求書払い」に対応  自動車税種別割は6月1日のみ

東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書が、6月1日から「PayPay請求書払い」に対応。自動車税種別割は6月1日のみ納付可能となる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 東京都税の納付書が、6月1日から「PayPay請求書払い」に対応。東京都が発行する固定資産税・都市計画税(23区内)、固定資産税(償却資産)(23区内)、不動産取得税、個人事業税、自動車税種別割の納付書が支払い可能となる。

PayPay 東京都税の納付書が「PayPay請求書払い」に対応

 「PayPay請求書払い」は、電気・ガス・水道料金などの公共料金の請求書(払込票)に記載されたバーコードを、PayPayアプリで読み取ってその場で支払えるサービス。さらに、支払額の0.5%〜1.5%をPayPayボーナスとして付与する。利用にはPayPayアプリの1.34.0バージョン以上が必要だ。

 なお、自動車税種別割の納期限は毎年5月31日だが、2020年は日曜日で、納期限が翌日6月1日となる。そのため、2020年は6月1日限定で「PayPay請求書払い」による自動車税種別割の納付が可能となっている。

PayPay PayPay請求書払い

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう