ニュース
» 2020年08月25日 18時00分 公開

NifMo、リモート環境需要に対応した30G/50GBプランを提供開始

ニフティは、9月1日からMVNOサービス「NifMo」でデータ通信量30GB/50GBプランを提供開始。データ通信容量を追加する「データおかわり」は0.5GB/350円(税別、以下同)、1.0GB/500円に料金体系を刷新する。

[エースラッシュ,ITmedia]

 ニフティは、9月1日からMVNOサービス「NifMo」でデータ通信量30GB/50GBプランを提供開始。プラン変更は8月25日から受け付ける。

NifMo 「NifMo」でデータ通信量30GB/50GBプランを提供開始

 利用料金は、30GBプランはデータ専用SIMが月額3600円(税別、以下同)、SMS対応SIMが月額3750円、音声通話対応SIMが月額4300円。50GBプランは、データ専用SIMが月額4800円、SMS対応SIMが月額4950円、音声通話対応SIMが月額5500円となる。

 またNifMoでは、新型コロナウイルスの影響に伴う支援措置として月50GBまでのデータ容量の無償提供を行っており、50GBプランの利用者は上限50GBまで無償で追加可能だ。対象は12月末日までに申し込んだユーザーで、受付期日は状況により前後する可能性がある。

 あわせて、データ通信容量を追加する「データおかわり」の料金体系を刷新。従来の1回あたり900円だった「データおかわり 0.5GB」を350円とし、1回あたり500円の「データおかわり 1.0GB」も提供する。さらに、3GBプランで設けていた1日の通信量制限を撤廃する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう