ニュース
» 2020年03月06日 20時00分 公開

日本通信が「テレワーク向け商品」を販売開始 プリペイドSIMとUSBモデム/ルーターのセットも用意

新型コロナウイルスの流行に伴うテレワークへのニーズの高まりを受けて、日本通信が「テレワーク向け商品」の販売ページを開設した。プリペイドSIMの他、プリペイドSIMと通信機器をセットにしたものも用意している。

[井上翔,ITmedia]

 日本通信は3月6日、MVNOサービス「b-mobile」のWebサイトにおいて、「テレワーク向け商品」の販売を開始した。新型コロナウイルスの流行で、テレワーク(遠隔ワーク)に対するニーズが高まっていることを受けた措置だ。

(価格は全て税込み

 商品は、データ通信専用のプリペイドSIMカードの他、プリペイドSIMカードとUSBコネクタ(USBモデム)、またはWi-Fi(無線LAN)ルーターのセットを用意している。

  • プリペイドSIM単品:3850円〜(ドコモ回線)/5073円〜(ソフトバンク回線:※)
  • USBコネクタ+7GBプリペイドSIMセット:4980円(ドコモ回線)
  • b-mobile WiFi2+7GBプリペイドSIMセット:4980円(ドコモ回線)
  • Aterm MP02LN +7GBプリペイドSIMセット:1万5840円(ドコモ回線)

(※)ソフトバンク回線は、SIMロックフリーまたはソフトバンクのSIMロックがかかったiPhone/iPadのみ対応

 いずれの商品も、プリペイドSIMは「7GB、有効期限30日間」という設定となる。有効期限内であれば、通信容量を超過した後も上下最大128kbpsで通信できる。有効期限を過ぎた場合は、チャージすることで延長することもできる。プリペイドSIMの単品については、有効期間が「180日(30日×6)」「360日(30日×12)」のパッケージも用意している。

USBコネクタ USBコネクタは、Windows、macOSとChrome OS(Chromebook)に対応している
SIM単品 プリペイドSIMの単品は、180日間(30日×6)、360日(30日×12カ月)使えるものも用意している(30日間の製品でも、チャージをすれば継続利用できる)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう