ニュース
» 2004年04月19日 14時01分 公開

高コントラスト/高広視野液晶を搭載したデジカメ「CAMEDIA AZ-1」を発売

オリンパスは、新開発の「モバイルASV液晶ディスプレイ」を搭載したデジタルカメラ「CAMEDIA AZ-1」を5月中旬に発売する。

[ITmedia]

 オリンパスは、新開発の高コントラスト/高広視野な「モバイルASV液晶ディスプレイ」を搭載した、324万画素デジタルカメラ「CAMEDIA AZ-1」を5月中旬に発売する。オープン価格。

正面
背面

 AZ-1は、最新のASV(Advanced Super View)液晶技術を採用した、2.5型/21万画素のディスプレイを搭載したことが特徴。従来機種の液晶に比べ、コントラスト比で3倍の明るさを実現し、視野角も上下左右160度となった。

 光学ズームは3倍まで。新開発の画像処理エンジン「TruePic TURBO」を搭載しており、解像度を高めながらノイズを軽減し、シャープでクリアな画質が得られる。撮影した画像は、カメラ上の操作で、メモリカード内にアルバム別に分類できるほか、アルバム内の画像はスライドショーとして自動的に連続再生可能だ。

 シーンプログラムは通常モードに加え、「夕日」や「キャンドル」、暗所に適した「寝顔」、文字撮影に便利な「ドキュメント」など23種類を用意している。

 本体上部のダイヤルを回して、簡単に設定が選べる「コントロールダイヤル」を搭載した。また、液晶ディスプレイには、ダイヤルで選択したモードの簡単な説明が表示されるため、初心者でも使いやすくなっている。

 リチウムイオン充電池で駆動し、充電やテレビ/PCとの接続が可能な専用クレードルを付属した。本体サイズは幅94×奥行き21.9×高さ67ミリ、重さ160g(本体のみ)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう