ニュース
» 2004年04月21日 16時10分 公開

サーバで共有利用できる「筆まめ」のネットワーク対応版

クレオは、サーバに置いたプログラムをクライアントマシンで共有利用できる「筆まめネットワーク版」と、ボリュームディスカウント形式の「筆まめ人名外字ライセンス」を5月10日に発売する。

[ITmedia]

 クレオは、サーバに置いたプログラムをクライアントマシンで共有利用できる「筆まめネットワーク版」と、ボリュームディスカウント形式の「筆まめ人名外字ライセンス」を5月10日に発売する。

 筆まめネットワーク版は、宛名印刷ソフト「筆まめ」をネットワーク対応に改良した製品。法人市場を対象にしたもので、サーバ1台にプログラムをインストールしておけば、ネットワークに接続された任意のクライアントで随時利用できる。またアップデートも、サーバに置いたプログラムを更新するだけで済むので、バージョン管理も容易だ。

「筆まめ」の住所録画面。サーバのプログラムを更新するだけで、クライアントは常に最新の郵便番号辞書や電話番号辞書を利用できる

 対応OSは、サーバはWindows Server 2003 日本語版/2000 SP4以上、クライアントはWindows XP/2000 Professional/Me/98。ライセンス形態は同時使用台数アクセス制限式で、使用料は以下のとおり。

同時使用台数 1年間使用料 1年間更新料
10ライセンス 9万8000円 4万9000円
50ライセンス 38万円 19万円
100ライセンス 72万円 36万円

 筆まめ人名外字ライセンスは、約1500字の人名専用俗字・異体字TrueTypeフォント3書体を収録した「筆まめ人名外字」のボリュームディスカウント形式のライセンス製品。価格は、5ライセンスが4万5000円、10ライセンスが9万円、100ライセンスが72万円となっている。対応OSは、Windows XP/2000 Professional/Me/98/NT。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう