GeForce 6800 Ultla残り1枚? しかも発売予告は日曜日――週末アキバは行列の予感アリ週末アキバPick UP!

» 2004年05月29日 00時53分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

残り1枚(!?)の発売予告は日曜日――現在激レアGeForce 6800 Ultla

 今週半ば、GeForce 6800 Ultla搭載のグラフィックスカード、InnoVISION「FX6800-ULTRA W/256MB DUAL DVI+TV」が突然アキバショップに現れた。入荷を確認したのは3店、それぞれ1枚ずつ入荷されたという。

InnoVISION「FX6800-ULTRA W/256MB DUAL DVI+TV」。日曜日の開店直後(11:00)に速攻で売り切れてしまう可能性が高い

 ただし、そのうち2ショップでは即日売り切れ、残るクレバリー1号店では30日の日曜日に販売する予定となっている。

 GeForce 6800 Ultlaは、NVIDIA製GPUの現行ハイエンドモデル。Shader Modelのバージョンを3.0に引き上げているのが最大の特徴で、VertexShader、PixelShaderの命令数が、それぞれ約256倍、約680倍に引き上げられている。(2004年4月27日の記事参照

 InnoVISION「FX6800-ULTRA W/256MB DUAL DVI+TV」は、256MバイトのGDDR3 SDRAMを搭載し、DVI-I×2とS-Video×1を備える。必要な電源については、NVIDIAは480ワット以上を推奨しているが、同製品のパッケージには「350ワット以上」と明記されていた。

 GeForce 6800 Ultla搭載カードは先週まで6〜7月発売説が囁かれていたが、もともとゴールデンウィーク直後に入荷する予定のショップが多かったため、突然の入荷にも驚く声はあまり聞かなかった。GPU生産の遅れを指摘する声も聞かれ「今後も数週間単位で、ごく少数が数週間おきに入荷される状況が続くのではないか」と予想されている。

製品InnoVISION「FX6800-ULTRA W/256MB DUAL DVI+TV
入荷ショップ
クレバリー1号店 7万3768円


“絶対かがみたくない”という鉄の意志の持ち主用――ワイヤードPC電源スイッチ

 取材当日の28日、アキバ各ショップでセリング「“ひもつき君”E-PC-S1」が一斉に発売された。在庫はいずれのショップでも潤沢で、安心して週末に購入できそうだ。

セリング「“ひもつき君”E-PC-S1」

 「E-PC-S1」は電源スイッチをPC外部に引き出せるユニークな製品。マザーボードのフロントパネルコネクタに接続し、背面ブラケットから外に出して利用することができる。このスイッチ部分だけ自分の近くに置いておけば、“ちょっとだけ”離れた場所にPCがあっても気軽に電源操作ができるだろう。……ただしケーブル長は1メートルほどという微妙な長さなのである。

 床に置いてあるPCの電源操作時でも“絶対かがみたくない”という鉄の意志の持ち主、あるいは腰痛持ちのユーザー、またはHDDランプもあるので、HDD動作をどうしても目の前で確認しておきたい心配性のユーザーに向けた画期的なパーツなのではないだろうか。

製品セリング「“ひもつき君”E-PC-S1
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク 1980円
PCパーツショップCUSTOM 1980円


軽くて薄いがしっかり冷える――グラフィックスカード用ヒートシンク発見

 ドイツの冷却アイテムの老舗メーカーAerocool製のグラフィックスカード用ヒートシンク「VM-101」が複数のショップへ入荷されていた。発売は週明けの6月1〜2日となる予定だ。

Aerocool「VM-101」。ヒートシンクは稲妻をモチーフにしたフォルムでカットされている

 「VM-101」は2本のヒートパイプで熱を吸い上げて放熱するシンプルなヒートシンクで、220グラムと軽量なのが特徴となっている。同種の製品では重量が400グラム前後となるものが多く、マザーボードやグラフィックスカードへの負担が心配されたが、この重さなら心配はなさそうだ。

 ちなみにGeForce FX 5900以下、またはRADEON 9800 Pro以下のグラフィックスカードであれば、ほぼすべて装着可能としている。販売していたPCショップCUSTOMは「ヒートパイプの底部にはヒートシンクを一切設けず、上部にだけ搭載する無駄のない設計」と絶賛する。

製品Aerocool「VM-101
入荷ショップ
PCショップCUSTOM 3980円
高速電脳 3980円

Athlon 64対応の高級マザー、在庫は潤沢

 Athlon 64対応の高級マザー、GIGA-BYTE「GA-K8NSNXP」(製品レビュー参照)が、ようやくアキバにお目見えした。アキバ各ショップにて潤沢に出回っており、入手に困ることはないだろう。

実に贅沢なスペックと機能を持つGIGA-BYTE「GA-K8NSNXP」

 「GA-K8NSNXP」は、チップセットにnForce3 250を搭載し、Athlon 64に対応する同社ハイエンドクラスのマザーボードだ。オンボード機能が豊富に搭載され、IEEE1394bや8chサウンド、4チャンネルのシリアルATAなどが利用できる。

 ただしオンボード機能をフルに活かすには、付属ブラケットをいくつも装着する必要があるわけで、計4本のブラケット全てを使うかどうかに、機能豊富なハイエンドマザーならではの迷いが生じそうだ。

 パソコンショップ・アークでは「入荷が1か月近く遅れたためか、まだかまだかと待っていたユーザーが多いようで、発売初日から順調に売れています」という。なお、再入荷の目処も立っているとのことだ。

製品GIGA-BYTE「GA-K8NSNXP
入荷ショップ
パソコンショップ・アーク 2万2000円
高速電脳 2万2800円

 最後にアキバで聞かれた噂を少々。

 ATI RADEON X800 XT搭載グラフィックスカードが、早ければ来週中にもアキバショップに入荷するという噂だ。「もともと6月中旬ごろに出回るという情報が多くあったので、入る可能性は低くないっす」との某ショップ店員談。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  7. 直販では64GBメモリモデルも! パナソニック コネクトが店頭向け「Let's note FV5」にCore Ultra搭載の新モデルを投入 (2024年05月28日)
  8. デル、個人向け/ビジネスPCを特価で提供する「EARLY SUMMERセール」を開始 (2024年05月28日)
  9. マウス、約969gの軽量筐体を採用したCore Ultra搭載14型モバイルノート (2024年05月29日)
  10. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー