ニュース
» 2005年03月10日 20時43分 公開

CeBIT 2005:家電とPCのボーダレス化を狙うLogitech (3/3)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

企業向けにもIP通信用ハードウェアを提供

 一方、IPコミュニケーションの分野ではSkypeのバンドルを行うとともに、Microsoftとの協業で次期MSN Messenger(現在βテスト中のバージョン7)がサポートするオーディオとビデオの同期(リップシンク)機能に対応。個人向けにはマイクとWebカメラを統合したノートPC向けのQuickCamシリーズ2製品を投入する。

 しかし注目は企業向けとされる「ViewPort AV 100」だ。VGA解像度のWebカメラとマイクが統合されているのはもちろん、Bluetoothトランスミッター機能が備わっており、Bluetoothヘッドセットが組み合わされる。ヘッドセットの充電クレードル機能も兼ねるなど、なかなか機能的なデザインだ。

photo 「ViewPort AV 100」

 欧米ではソリューションベンダーとパートナーシップを組み、企業向けのIMソリューションと組み合わせての展開を行う。たとえばIP電話の着信をBluetoothヘッドセットに通知したり、ヘッドセットの応答ボタンでIP通話に応答。あるいはIMメッセージが入った時、発信者名を音声でヘッドセットから再生するなど、用途ごとにアプリケーションを開発するのが目的で、パートナー向けにSDKを提供する事で実現する。

 日本でもSIやVAR向けに展開する予定があるというが、量販店などのコンシューマーチャンネルへの販売予定はない。ただし、将来的に同社直販サイトでの販売が行われる可能性はゼロではないようだ。

iPodとPSP対応周辺機器も

 このほか、最近同社が力を入れているスピーカーセットに、PCやゲーム機向けとしてはハイエンドとなるTHX規格準拠の「Z-5500」を提供。同じくスピーカーとしては、iPodに対応する12オンス(約340グラム)と軽量な「mm22」ポータブルスピーカーと、PSP向けの「PlayGear Amp」ポータブルスピーカーの2製品を発表している。

photo 「mm22」ポータブルスピーカー
photo PSP向け「PlayGear Amp」ポータブルスピーカー

 ポータブルスピーカー2製品は最近採用例が多いアルミコーンの小型ロングストロークドライバユニットをチャンネルあたり2個搭載し、サイズの割には迫力のある音が出てくる。それぞれ対応製品に合わせてデザインも合わせ込まれていた。

photo

 PSP向けにはこのほか、PSPにピッタリとフィットするハードケースやインナーイヤー方式のイヤホン、アナログ音声出力を二股に分割するオーディオスプリッターがアナウンスされている。

photo PSPにピッタリとフィットするハードケース

 これらは欧米で5月から順次発売される予定だが、いずれも日本での販売計画もあるようだ。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう