レビュー
» 2005年03月18日 12時16分 公開

グラフィックスカード:きょうは「RADEON X850XT Platinum Edition AGP」で温故知新という言葉を思い出した (1/2)

「時代はPCI Expressに突き進む」とはメーカーが唱える2004年のキーワードだったが、そうはいってもAGPワールドは依然として大きい。ということで、AGP対応の最高級GPUが登場。そのパフォーマンスやいかに。

[長浜和也,ITmedia]

 「2004年はネイティブPCI Express対応GPUをすべてのラインアップで展開していく」と積極的な姿勢を見せていたATI。その言葉に違わず、最新GPUはまずネイティブのPCI Expressバージョンを投入している。

 PCI Expressネイディブ対応GPUは最初にリリースされたRADEON X800ファミリーに続いて(やや時間があいたものの)RADEON X700ファミリーが登場したことで、パフォーマンスが重視されるハイエンドからミドルレンジが新世代アーキテクチャでそろい、ラインアップ的には一応の完成を見た。

(なお、バリュークラスについて、競合のNVIDIAがGeForce 6200シリーズを投入しているのに対し、ATIは従来コアのRADEON X300が現役。ただ、このクラスは“まずは価格”が評価されるため、さほど致命的なことではない)

 とはいえ、依然としてAGP&PCI対応マザーを使い続けるユーザーが多いのも事実で、AGPワールドのパワーユーザーからは最新のアーキテクチャを採用したAGP対応GPUが望まれている。

 これまで、RADEONシリーズのAGP対応最上位モデルはRADEON X800XT Platinum Edition(PE)。対するPCI Express対応GPUはこの上位シリーズとなるRADEON X850ファミリーがラインアップされ、その中のRADEON X850XT PEが、PCI Epxressの最上位GPUとして君臨している。

 NVIDIAのAGP対応最上位GPUは依然としてGeForce 6800 Ultraであるが、登場当初にGeForce 6800 UltraとRADEON X800XTのパフォーマンスを比較した時点で、すでにRADEON X800XTが「重負荷状態で優勢勝ち」となっていた。

 そこにきて、今回のRADEON X850XT PEのAGPバージョンである。すでに記事でも紹介しているように、その構造はPCI Expressバージョンのそれとほとんど同じ。今回テストで使用したのはATIのリファレンスカードだが、そのコアクロックは540MHz、メモリクロックは1180MHzとなっている。これも以前レビューしたPCI ExpressバージョンのRADEON X850XT PEと同じだ。

 RADEON X850XTはPCI Expressネイティブ対応なので、このGPUをAGPで使うにはインタフェースの変更が必要になってくる。こういうときによく使われるのが、PCI ExpressとAGPの橋渡しとなるブリッジチップを介在させる方法。

ATIのRADEON X850XT PEのリファレンスカード。カードのサイズクーラーユニットやチップレイアウトはPCI Expressバージョンとほぼ同じ。ただし、電源供給は4ピン1つで済んでいる

 同時期にATIからAGP版が発表されたRADEON X800XLなどは、このブリッジチップを使ってAGP対応にしているが、RADEON X850XT PEは、GPU内部にAGPインタフェースを組み込んだ。

やっぱり分厚いクーラーユニット。アイドル時はまずまず我慢できる音だが、やっぱり起動時の轟音は、評価作業中でも周りからの「冷たい視線」十字砲火をたっぷり浴びた。ちなみにファンの排気熱を測ってみたら、3DMark03連続1時間動作時で摂氏50度

 それでは、早速定番のベンチマークでAGPバージョン、PCI Expressバージョンそれぞれのパフォーマンスを比較してみたい。システムの構成は、チップセットが異なるものの、CPUクロックやメモリの規格と容量を合わせるなど、できる限り環境を(加えてシステムを購入する金額も)そろえるようにしている。

 また、AGPバージョンとPCI Expressバージョンにおけるパフォーマンスの相違以外に、AGP対応GPUとして今回登場したRADEON X850XT PEがどれだけの位置にあるのかを知るために(なんとなく結果が予想されるAGP対PCI Expressの比較より、こちらのほうが、ユーザーとしてはより興味深いところだろう)、GeForce 6800 Ultra(AGPバージョン)の結果も一部のベンチマークで並べてみた。

ベンチマークシステム環境その1
CPUPentium 4 540
マザーボードAopen i915Gm-I
メモリPC3200 512MB×2ch
HDDST3160023AS
OSWindows XP Professional +SP2

ベンチマークシステム環境その2
CPUPentium 4/3.20E GHz
マザーボードMSI 865PE Neo-P
メモリPC3200 512MB×2ch
HDDST3160023AS
OSWindows XP Professional +SP2

3DMark05 Score
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう