ニュース
» 2005年06月23日 14時49分 公開

海連、真空管アンプのようなレトロPCケース

海連は、マザーボードやカード類を見渡せるアクリルケース製ステージレイアウトを採用するPCケース「Jules」を発表した。価格は3万3800円。

[ITmedia]

 海連は6月23日、マザーボードやカード類を見渡せるアクリルケース製ステージレイアウトを採用するPCケース「Jules」を発表、7月上旬より発売する。価格は3万3800円(税込み)。

photo Jules

 Julesは、真空管アンプを思わせるレトロデザインを採用するATXマザー対応PCケースで、電源ユニットは未搭載。

 電源ユニットやドライブ(5インチ×2)を収納する下段ベースと、マザーボードを設置する上段のドームパネル部で構成される独特のデザインを採用。上部はアクリル素材による完全クリア仕様となっており、アクリルカバー部は簡単に着脱を行うことができる。

 フロント部にはネオン管を配しており、間接照明のインテリアとしても見栄えのする作りとなっている。

 本体サイズは370(幅)×410(奥行き)×330(高さ)ミリ、重量は6.65キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう