ニュース
» 2005年07月08日 20時12分 公開

カノープス、HDV映像対応ノンリニア編集WS発売

カノープスは、DV/HDV編集対応のノンリニア編集ワークステーション「REXCEED MODEL350V」「REXCEED MODEL300V」の2製品を発表した。

[ITmedia]

 カノープスは7月8日、DV/HDV編集対応のノンリニア編集ワークステーション「REXCEED MODEL350V」「REXCEED MODEL300V」の2製品を発表、7月下旬より順次発売する。価格はREXCEED MODEL350Vが98万円、REXCEED MODEL300Vが69万8000円。

 双方ともベースとしてヒューレット・パッカード製WSを採用するノンリニア編集システムで、編集ソフトとして「EDIUS Pro 3」、動画生成ソフト「Imaginate 2.0」、DVD作成ソフト「DVD Workshop 2 SE」などが付属する。

photo REXCEED MODEL350V

 REXCEED MODEL350Vは、リアルタイムビデオアウトに対応する編集ワークステーションで、CPUにXeon 2.8GHzをデュアル搭載し、RAID 0構成の500GバイトHDDを内蔵する。

 編集用ボードとしては、同社製「VELXUS」シリーズを搭載、SD解像度のコンポジット映像およびS-Video映像の入出力、HD/SDコンポーネント出力をサポートする。また、HDコンポーネント端子を備えており、編集中の映像のリアルタムモニタリングが可能となっている。

photo REXCEED MODEL300V

 REXCEED MODEL300Vは、DV/HDVフォーマットの編集に対応するエントリーモデルの編集ワークステーションで、CPUとしてPentium D 840(3.2GHz)を搭載、RAID 0構成の320GバイトHDDを内蔵している。

 編集ボードは「VELXUS」シリーズを搭載し、SD解像度のコンポジット映像およびS-Video映像の入出力、SDコンポーネント出力に対応する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう