ニュース
» 2005年09月20日 12時50分 公開

デル、法人向けのシステムコスト削減サービス拡充──PC買い取りプログラムなどを開始

デルは、法人向けのクライアントPC用統合的サービスのメニュー拡充を発表、PC買取プログラムなど計2サービスを新たに開始する。

[ITmedia]

 デルは9月20日、法人向けのクライアントPC用戦略的サービス「デル・マネージド・サービス(Dell Managed Services/DMS)」のメニュー拡充を発表、新たに2つのサービスを開始する。

 新規開始となるサービスは、PC買い取りプログラムとなる「DMS PC Buyback Program」と、PCやOSの問い合わせ窓口など各種サービスを取り扱う法人用サービスパッケージ「DMS Light」の2種類。

 DMS PC Buyback Programは、デル製品を新規購入する顧客を対象としたサービスで、使用済みのPCの買い取りを製造メーカー不問にて実施。選任のプロジェクトチームのヒヤリングにより査定がなされた後、デルもしくはパートナー企業が顧客指定の場所に訪問し使用済みPCの引取りを行なった上で、後日代金が振り込まれる一環サービスとなっている。

 DMS Lightは、法人用の3種類のサポートサービスがセットになったパッケージ。中堅・中小企業を対象に、PCやOSの問い合わせ業務の窓口の役割を担う「ヘルプデスクサービス」、PC資産管理データの運用と管理を行う「資産管理サービス」、ヘルプデスクで障害個所が不明な場合にオンサイトで障害個所の切り分けと特定を行う「デスクサイド・サポート サービス」が含まれる。価格はPC1台あたり1565円/月(税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう