ニュース
» 2005年09月21日 00時00分 公開

NVIDIA、Athlon 64対応統合型チップセット「GeForce 6150」「GeForce 6100」発表

NVIDIAは9月20日にAthlon 64対応のグラフィックス統合型チップセット「GeForce 6150」「GeForce 6100」を発表した。このチップセットを搭載したマザーボードはすでに発売を開始しており、実売価格はGeForce 6100搭載マザーで1万円を切る。

[長浜和也,ITmedia]

 GeForce 6150/6100は、開発コード名「Crush 51」と呼ばれていた、NVIDIA初のAthlon 64対応統合型チップセット。搭載したマザーボードは6月に行われたCOMPUTEX TAIPEI 2005でも一部展示されていた。

 チップセットは2チップ構成。NVIDIAの説明によると、今回登場した統合型チップセットは「GeForce 6シリーズ相当のGPU」「nForece 4相当のMCP」が組み合わさったものになる。さらにGeForce 6150はPureVideoによるHD Video再生に対応したテレビ出力(コンポーネント、DVI、S-Video コンポジット)モジュールに対応する。

 2チップのうちGeForce 6150/6100はGPUの機能とCPU、MCP、PCI Expressと接続するHyper-Transportインタフェースが組み込まれる。MCP機能は、それぞれ「nForce 430」「nForce 410」というチップが分担する。ビデオメモリはUMAでメインメモリの中に確保される。BIOSでは「64Mバイト」「128Mバイト」と容量が設定されるが、実際の領域は動的に割り当てられる。

 GeForce 6150のコアクロックは475MHz、GeForce 6100は425MHz。どちらも2本のPixelシェーダパイプラインと1つのバーテックスシェーダパイプラインを持つ。

GeForce 6150/6100、nForce 430/410のスペック

GeForce 6150はHD VideoやDualHead/DVIに対応。そのため、マザーボードには出力コネクタ用のモジュールが同梱される

GeForce 6150/6100とnForce 430/410に組み込まれる機能。GeForce 6シリーズ相当ということでシェーダモデル3.0に対応。Active Armor、MediaShieldといったnForce4が持っていたセキュリティ機能もサポートする

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう