レビュー
» 2005年10月24日 14時42分 公開

大ヒットを飛ばした複合機がさらに進化――EPSON「PM-A950」 (2/5)

[林利明(リアクション),ITmedia]

スタンドアロンの機能はピカイチ

 PM-A950の大きな特徴は、スタンドアロンでできることが非常に豊富なことだ。EPSONもPCレスの使いこなしをアピールしており、操作性とともにスタンドアロン機能を詳しく見ていこう。

 まずは操作性だが、操作パネルのボタン類と液晶メニューはPM-A900から変更されている。操作の流れは、向かって左側のモードボタンで動作モードを選び、液晶メニューを4方向ボタンとOKボタンで操作して設定を決め、スタートボタンで実行というものだ。液晶モニタが大型かつ高画質なので見やすいものの、4方向ボタンやOKボタンを押してからワンテンポ遅れて、設定項目のカーソルが移動したり、下層メニューが表示される点が気になった。特に問題視するようなものではないが、液晶メニューがもう少しキビキビと動いてくれるとよかった。操作に慣れてくるほど、もたつきを感じるようになるかもしれない。

画像 前面部の操作パネル

●コピーモード

 液晶メニューの第1階層で設定するのは、コピー枚数、カラー/モノクロ、テキスト/写真、レイアウトだ。レイアウトの設定は下層メニューが開き、バリエーション豊かなコピーレイアウトが選べる。余白が3ミリの標準、余白が1.5ミリのギリギリ、フチなし、リピート(名刺などの原稿を大きな用紙に等倍で複数割り付け)、ポスター、2アップ/4アップ(2枚/4枚の原稿をA4サイズ1枚に縮小割り付け)、左右反転のミラーコピー、16分割のシールコピーだ。CD/DVDレーベルのダイレクトコピーも、レイアウト機能から選択する。

 印刷関連の設定は、「印刷設定」ボタンで別メニューを開く。拡大縮小コピーには定型倍率と1%単位の任意倍率があり、定型倍率の選択肢はL判や2L判、はがきをベースとしたプリセットが多い。そのほか、用紙種類、用紙hサイズ、コピー品質、コピー濃度、フチなしコピー時のはみ出し量を設定する。用紙サイズやコピー品質は、用紙種類によって変動する。具体的には、用紙種類を普通紙にすると、用紙サイズはA4かB5のみとなり、写真用紙ではL判やはがきも選択可能だ。人お降りの設定を済ませたら、スタートボタンを押すとコピーが始まる。

●メモリカードモード

 液晶メニューの第1階層は、すべて印刷、選んで印刷、範囲印刷(メモリカード内の印刷画像を範囲指定)、日付から選んで印刷(メモリカード内の印刷画像を日付で指定)、オーダーシート、CD/DVD印刷、ズーム印刷(1枚の写真をトリミングして拡大印刷)、スライドショーだ。よく使うのは「選んで印刷」だと思うが、画像の1枚表示と9枚サムネイル表示の両方で、印刷画像と枚数を設定できる。

 オーダーシートは、マークシート式インデックスだ。お馴染みとなった機能だが、インデックス印刷する画像を「すべて」と「最新の30枚」から選べるのは気が利いている。マークシートで指定するレイアウトなどは従来と変わりなく、用紙サイズと種類の組み合わせ(6通り)、フチなし/あり、日付印刷の有無などだ。インデックスの全画像を印刷するときも1カ所のマーキングでよく、任意の画像を印刷するときは、画像ごとに1〜3枚の印刷枚数を指定できる。

 CD/DVD印刷は、選択した1/4/8/12枚の画像を、ホワイトレーベルのCD/DVDメディアに並べて印刷する機能だ。CD/DVDメディアのほか、A4用紙を使ったCD/DVDジャケット印刷も選べる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう