トップ10
» 2005年11月01日 20時47分 公開

Weekly Access Top10:やっぱり「遊び心」に尽きるのです

先週のアクセストップは「てーーーー!」のWPC EXPO 2005「タカラ」ネタでありました。「お得でガッチリ賢い消費者」よりも「意味なくウキウキ無駄な浪費家」のほうが楽しいよねー。

[長浜和也,ITmedia]

 トップテンのタイトルを眺めていると「タカラ」ネタもそうですが、4位にランクされている「HDDなしのHDDレコーダ」という記事の主役である「i-RAM」や8位にランクインしている「酒飲み専用メモリ」にしても、その存在意義は「遊び心」に尽きるのではないか、と思うのであります。

 タカラの「周辺機器」には、ユーザービリティを向上させる、よりも「演出」こそ我が使命!という意思が大変よく感じられますし、i-RAMの「費用対効果」を思うとき「お得でがっちり賢い消費者」は絶対に手を出さないだろう代物に多くのPCユーザーが注目しています。

 「賢い消費者」の最近のお気に入りは、無駄足を運ぶこともなく、無駄な時間もかけることがない「オンラインショッピングでパーツの購入」だそうですが、その一方で9位にランクインしている「WPC恒例、開幕と同時に行列ができるブース」記事のように無駄に時間を費やして店頭に駆けつけて行列しちゃうのも、「遊び心」のなせる技、ではないでしょうか。

 「このところ自作することもなくなったなー」とはよく聞く声ですが、自作する必然性云々、とは別に、お、なんだこれ、と「遊び心」をくすぐるようなブツが少なくなったのも、なにかしら影響しているようにも思えます。いまや「お得」「役に立つ」といったキーワードで自作PCユーザーの心をつなぎとめておくことは難しいのではないでしょうか。

 ただ、そうはいっても「とんがったパーツばっかりじゃ食べていけないのですよ」というメーカーやショップの声ももっともなご意見でありまして、このあたりが自作PC関連業界の「もっとも」頭の痛いところでもありましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう