ニュース
» 2005年11月16日 18時28分 公開

アイ・オー、eSATA/USB 2.0両対応の外付けDVDドライブ

アイ・オー・データ機器は、外付けSerial ATA規格の“eSATA”およびUSB2.0接続に両対応する外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UN16R/S」を発表した。価格は1万7800円。

[ITmedia]

 アイ・オー・データ機器は11月16日、外付けSerial ATA規格の“eSATA”およびUSB2.0接続に両対応する外付けスーパーマルチドライブ「DVR-UN16R/S」を発表、12月中旬より出荷を開始する。価格は1万7800円。

photo DVR-UN16R/S

 DVR-UN16R/Sは、eSATA/USB1.1/2.0接続に対応する外付けDVDスーパーマルチドライブで、ドライブとして日本電気製「ND-4550A」を採用。2層DVD+R 8倍速書き込み、2層DVD-R 6倍速書き込み、1層DVD±R 16倍速書き込み、DVD+RW 8倍速書き換え、DVD-RW 6倍速書き換え、DVD-RAM 5倍速書き換えなどに対応する。オーバースピード書き込みもサポートしており、8倍速対応の1層DVD±Rメディアでの16倍速書き込み、および2.4倍速対応の2層DVD+Rメディアでの8倍速書き込みが可能となっている。

 添付ソフトとしては、DVDオーサリングソフト「DVD MovieWriter 4 SE」、暗号化ディスク作成対応のライティングソフト「B's Recorder GOLD8 Security」、パケットライトソフト「B's CLiP6」などが付属する。また、付属品としてeSATA−Serial ATA(L字型)変換ブラケットが同梱される。

photo 付属のeSATA−Serial ATA変換ブラケット

 本体サイズは170(幅)×270(奥行き)×50(高さ)ミリ、重量は1.6キロ(ACアダプタ除く)。対応OSはWindows 2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう