富士通、1.8インチHDDに参入

» 2006年01月13日 13時08分 公開
[ITmedia]

 富士通は1月13日、HDD事業を強化すると発表した。米Corniceと提携して1.8インチHDDに参入し、2007年度前半に製品を発売する。ノートPC用2.5インチ型で今年後半に垂直磁気記録方式を製品化するほか、AVノートPC向け大容量型やサーバ向け高性能型を順次投入する。

 2008年度の出荷台数目標は、本年度(2600万台)の2倍強となる5400万台。売上高は本年度の2800億円から2008年度に4000億円に引き上げ、売上高ベースで世界トップ3入りを目指す。

photo 富士通HDD事業の目標
photo 1.8インチHDDの展開

 1.8インチ型は「iPod」などの携帯プレーヤーなどに採用されており、コンシューマーエレクトロニクス(CE)製品向けに市場拡大が見込める上、今後はノートPCへの搭載も進むとみて参入を決めた。

 現在は東芝と日立グローバルストレージテクノロジーズ(HGST)が生産している。富士通によると2005年の世界市場は1600万台だが、2008年には5800万台に拡大すると予測。同社はこのうち、月産100万台規模でシェア20%の獲得を目指している。

 製品は、1インチHDDで実績があるCorniceと共同開発する。垂直磁気記録方式を採用し、1プラッタ・60Gバイト品(厚さ5ミリ)と2プラッタ・120Gバイト品(同8ミリ)の2製品を2007年度前半から投入する計画だ。

 フラッシュメモリの大容量化が進み、一部でHDDからの置き換えが進むと指摘されているが、富士通は「1.8インチ型は、容量当たりの単価でフラッシュメモリに対するアドバンテージを確保できる」と判断。2年前に参入を検討し、試作もした1インチ型(関連記事参照)や、東芝が開発した0.85インチ型などは「フラッシュメモリと競合するため、かなり難しい」とみて見送った。

photo HDDとフラッシュの価格比較。1.8インチのGバイト単価(一番下の線)はフラッシュメモリ(一番上の線)に比べ優位性を保っているが、0.85インチ(2番目)は厳しい、との予測
photo ノートPC用2.5インチHDDの方針

 市場シェア2位(24%)のノートPC向け2.5インチHDDでは、AV重視型PC向けに200Gバイトの大容量タイプを発売する。垂直磁気記録方式を採用した製品は、まず120Gバイト型から市場投入する計画だ。ハイエンド向けに毎分7200回転の製品も2006年度に発売する予定。2008年度のシェア30%を目標に掲げ、現在1位のHGST(32%)を抜いてトップを目指す。

 サーバ用HDDでは、主力の3.5インチ型に加え、2.5インチ型の高性能化を図っていく。インタフェースはSerial Attached SCSIに集中、毎分1万回転の147Gバイト型を2006年度に発売する。3.5インチでも毎分1万5000回転の300Gバイト型の投入を計画し、ラインアップを拡充。同分野のシェアは米Seagate Technology(52%)に次いで2位の21%だが、2008年度に30%に引き上げるのが目標だ。

 富士通は2001年7月にデスクトップPC向け3.5インチ型から撤退し、ノートPC向け2.5インチ型とサーバ向けに絞った。このため、ピーク時の2000年度に2400万台だった出荷台数は2002年度には900万台にまで落ち込んだ。

 だが高付加価値品に経営資源を集中する作戦が奏功し、市場の成長率を上回る勢いで出荷を拡大。2005年度はノートPC用2.5インチが2000万台、サーバ用が600万台となり、それぞれの市場でシェア2位を獲得。同社ストレージプロダクト事業本部の古村一郎本部長は「昨年、2.5インチで100Gバイトの製品を販売したのは富士通だけ。品質もかなりの自信を持っている」と話す。

 HDD分野では、最大手のSeagateが米Maxtorの買収を発表。両社とも3.5インチが主力のため、富士通などへの影響が少ないと見られるが、Seagateや韓国Samsung Electronicsは2.5インチの増産も計画している。古村本部長は「(過当競争の指摘はあるが)2.5インチで品質が最も高いのは富士通。価格下落は覚悟しており、対応できるような態勢を整える」とした。

 現在は売上高で世界5位だが、事業の強化でトップ3を目指す。売上高営業利益率は5%が目標だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月25日 更新
  1. ワコムが有機ELペンタブレットをついに投入! 「Wacom Movink 13」は約420gの軽量モデルだ (2024年04月24日)
  2. 16.3型の折りたたみノートPC「Thinkpad X1 Fold」は“大画面タブレット”として大きな価値あり (2024年04月24日)
  3. 「IBMはテクノロジーカンパニーだ」 日本IBMが5つの「価値共創領域」にこだわるワケ (2024年04月23日)
  4. 「社長室と役員室はなくしました」 価値共創領域に挑戦する日本IBM 山口社長のこだわり (2024年04月24日)
  5. Googleが「Google for Education GIGA スクールパッケージ」を発表 GIGAスクール用Chromebookの「新規採用」と「継続」を両にらみ (2024年04月23日)
  6. バッファロー開発陣に聞く「Wi-Fi 7」にいち早く対応したメリット 決め手は異なる周波数を束ねる「MLO」【前編】 (2024年04月22日)
  7. ロジクール、“プロ仕様”をうたった60%レイアウト採用ワイヤレスゲーミングキーボード (2024年04月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. アドバンテック、第14世代Coreプロセッサを採用した産業向けシングルボードPC (2024年04月24日)
  10. ゼロからの画像生成も可能に――アドビが生成AI機能を強化した「Photoshop」のβ版を公開 (2024年04月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー