ニュース
» 2006年02月02日 16時10分 公開

ラトック、eSATA接続タイプの外付けリムーバブルケースを発売

ラトックシステムは、Serial ATA HDDを収納可能なeSATA外付けリムーバブルケース「SA-DK1ES」を2月下旬に発売する。価格は1万2800円。

[ITmedia]

 ラトックシステムは2月2日、eSATA接続リムーバブルケース「SA-DK1ES」を発表、2月下旬より発売する。価格は1万2800円(税込み)。

photo SA-DK1ES

 SA-DK1ESは、Serial ATA HDDを収納可能なリムーバブル型外付けHDDケース。接続インタフェースに最大3Gbps転送対応のeSATAを採用する。付属リムーバブルトレーは同社製インタフェースをはじめSATAホットプラグ対応環境において、PC起動中でもHDD交換が行えるメリットがあり、同社製REX-SATAシリーズ共通で使用できる。

 対応OSは、eSATAを搭載するWindows 2000 Professional/XP/XP x64 Edition/Server 2003/Server 2003 x64 Edition。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう