ニュース
» 2006年04月04日 14時45分 公開

エレコム、「NumLock」問題をハードウェアで解決したUSBテンキー

エレコムは、テンキーボード接続時にNumLock機能が意図せず切り替わってしまう、いわゆる“NumLock問題”をハードウェア的に解決したUSBテンキー「TK-UOH」「TK-UO2BH」シリーズを発売する。価格は1890円から。

[ITmedia]
photo TK-UO2BHシリーズ

 エレコムは4月4日、テンキーボード接続時にNumLock機能が意図せず切り替わってしまう、いわゆる“NumLock問題”をハードウェア的に解決したUSBテンキー「TK-UOH」「TK-UO2BH」シリーズを発表、4月下旬より発売する。それぞれシルバー、ブラック、ホワイトの3カラーをラインアップ、価格はTK-UOHシリーズが1890円、TK-UO2BHシリーズが2520円(双方税込み)。

 TK-UOHおよびTK-UO2BHは、ともにUSB接続に対応するコンパクト設計のテンキーで、USBバスパワー動作に対応。ノートPCへのテンキーボード接続時に発生するトラブルである、NumLock問題を解決する機能を本体内に内蔵。対策ソフトのインストールなどに必要なしに、未然にトラブルを回避可能となっている。

 双方とも基本仕様は共通で、タイピングのしやすいキーピッチ16ミリのメンブレン式キーを採用。またTK-UO2BHは、本体背面にUSBハブ2ポートを装備している。本体サイズは双方とも78(幅)×115(奥行き)×18.5(高さ)ミリ。重量はTK-UOHは約85グラム、TK-UO2BHが約92グラム。対応OSはWindows 98/98SE/Me/2000 Professional/XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう