ニュース
» 2006年05月24日 18時27分 公開

ロジテック、eSATAインタフェースカード2製品を発売

ロジテックは、PCI接続型/CardBus接続型のeSATAインタフェースカード「LHA-SA152P」「LPM-CBSA152」を発表した。価格は3200円から。

[ITmedia]

 ロジテックは5月24日、PCI接続型/CardBus接続型のeSATAインタフェースカード「LHA-SA152P」「LPM-CBSA152」を発表、6月中旬より発売する。価格はLHA-SA152Pが3200円、LPM-CBSA152が4200円。

photo LHA-SA152P(左)、LPM-CBSA152(右)  LHA-SA152Pは、コネクタ左側の切り替えスイッチにより外部HDDからのシステムブートにも対応する

 LHA-SA152PおよびLPM-CBSA152は、ともにSerial ATAの外付け規格となるeSATAポート2基を備えるインタフェースカードで、LHA-SA152PはPCI接続対応のデスクトップ用モデル、LPM-CBSA152はCardBus接続対応のノートPC用モデルとなる。

 LPM-CBSA152には、CardBusコントローラの性能を最大限に引き出すことで高速データ転送を可能とする「フィルタドライバ」が付属する。対応OSはWindows 2000 Professional(SP4以降)/XP(SP1以降)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.