ニュース
» 2006年06月02日 11時37分 公開

10万円を切るCoreDuo搭載ノートも――「HP Pavilion」2シリーズ

日本ヒューレット・パッカードは、Intel Core Duo搭載に対応するホームユース向けの14インチワイド液晶搭載ノートPC「dv1700/CT」、15.4インチワイド液晶搭載ノートPC「dv5200/CT」の2製品を発表した。価格は7万9800円から。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカードは6月2日、Intel Core Duo搭載に対応する14インチワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv1700/CT」(以下「dv1700/CT」)、15.4インチワイド液晶搭載ノートPC「HP Pavilion Notebook PC dv5200/CT(以下dv5200/CT)」の2製品を発表、6月中旬より発売する。CTOによるカスタマイズに対応、最小構成価格はdv1700/CTが7万9800円、dv5200/CTが8万4000円(双方税込み)。

photo dv1700/CT(左)、dv5200/CT(右)

 dv1700/CTおよびdv5200/CTは、ともにCeleron M 410(1.46GHz)およびIntel Core Duo T2300E(1.66GHz)/T2500(2GHz)の搭載に対応するノートPCで、dv1700/CTは1280×768ドット(WXGA)表示対応の14インチワイド液晶、dv5200/CTは1280×800ドット表示対応の15.4インチワイド液晶を搭載するモデルとなる。

 搭載メモリはともに512Mバイト〜2Gバイト、HDDは40Gバイト〜120Gバイト(dv1700/CTは100Gバイトまで)、光学ドライブはDVDコンボドライブ/DVDスーパーマルチドライブを選択可能。オプションによりIEEE802.11a/b/g無線LANも搭載でき、Centrino Duoモバイルテクノロジ準拠仕様とすることができる。

 双方とも、外部出力ポートなどを本体側面に配置することにより使い勝手を向上させているほか、OSを起動せずDVD/CDの再生や各種コンテンツファイルの視聴が可能な「HP QuickPlay」を搭載。またdv1700/CTは、キーボード上部にDVDやCDなどの再生/ボリュームコントロールを行なえるメディアコントロールキーを装備している。

 本体サイズおよび重量は、dv1700/CTが334(幅)×235(奥行き)×30〜39ミリ/約2.43キロ、dv5200/CTがが358(幅)×264(奥行き)×35〜44ミリ/約2.99キロ。


 また日本ヒューレット・パッカードは、「HP Pavilion Notebook PC」シリーズ発売記念として、dv1700/CTおよびdv5200/CTのカスタマイズモデルを各限定500台にて提供する先行キャンペーンを本日付けにて開始した。価格は「dv1700/CT Pavilion発売記念キャンペーンモデル」が9万9960円から、「dv5200/CT Pavilion発売記念キャンペーンモデル」が11万4450円から(双方税込み)。ともにCPUとしてIntel Core Duo T2300Eを標準搭載、メモリを1Gバイト、HDDを80Gバイト(dv1700/CTは60Gバイト)として提供する。

 キャンペーン詳細についてはこちらを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう