ニュース
» 2006年06月08日 00時51分 公開

COMPUTEX TAIPEI 2006:「日本」を意識したPCケースが増えてきた (2/2)

[長浜和也,ITmedia]
前のページへ 1|2       
今年のPCケースで目立っていたのがサイドパネルに設けられた大口径のファン。V-TECHの「901A」(写真左)はサイドパネルに取り付けた230ミリのファンを800rpmという低速度で回転させる。また、JSP-TECHの「H-550A_F25」は250ミリのファンを搭載。こちらはケース外側に取り付けたスイッチで回転数を800rpmから1000rpmの間で変更できる

いまや主流となった「AV利用を重視したPCユーザー」向けにオーディオ機器を意識したデザインのPCケースも多く展示されている。その中でも秀逸だったのがNew Green Techの「GREEN POWER」シリーズ(写真左)。残念ながら日本の出荷は今のところ予定されていない。「日本の代理店があれば出荷できるのだが」ということなので、COMPUTEX TAIPEI 2006でパートナーが見つかれば日本でも姿を見せるかもしれない。写真右はSunny Technologiesというちょっと紛らわしい名前のメーカーが展示していた「IT-260」だ

デザインといえば、なぜか「iPod」似のPCケースが多くのブースで確認された。なかでも先ほどの“Sunny” Technologies「HS-306」シリーズは質感といいリングのデザインといい「iPodのドデカPOPですかっ」と見間違えそうな“紛らわしい”デザインだ

 ここで紹介したPCケースはすでに開発が終わっていて、「GREEN POWER」以外は1〜2カ月の間に日本のPCパーツショップの店頭に登場する予定だ。最近「自分好みのPCを作ってみたいけれど、いかんせんPCケースのデザインがなー」という理由で自作を躊躇しているという話も少なからず聞くが、そういったPCユーザーに限らず、日本のPCユーザーにとってようやく満足できるPCケースが手に入りそうな状況になってきたのが感じられるCOMPUTEX TAIPEI 2006のPCケース事情だ。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう