第2回 地球を眺めて幸せになる――「Google Earth 4」“タダ”で幸せになるソフトウェアパラサイト(2/2 ページ)

» 2006年06月15日 14時22分 公開
[爪生聖,ITmedia]
前のページへ 1|2       

ユーザーが作成した3Dオブジェクトを追加可能

 そのほかの新機能としては、「SketchUp」で作成した3Dオブジェクトを追加し、テクスチャを貼りこんだリアルな立体構造物を表示できるようになった。SketchUpはGoogleが今年3月に買収した@Last Softwareの製品だ。企業買収からサービス提供までの時間の短さはGoogleの特徴の1つと言っていい。なお、この3DオブジェクトはKMLファイルとして提供、配布可能だ。Google Earth(Release 4 - BETA)のページからいくつかサンプルをダウンロードできる。

San Francisco City Hallの3Dオブジェクト。最初に力を入れるのはやはりアメリカですな(画面=左)。地勢データを持つMt.St Helensを俯瞰した様子(画面=右)

日本語も一部OK、ただし経路検索は未対応

 今回のバージョンでは部分的にではあるが、日本語もサポートされた。例えば「六本木ヒルズ」で検索すると問答無用でいきなり六本木ヒルズまで画面がシームレスに移動していく。

六本木ヒルズを一発で検索可能。関係ないが影が長すぎだ……

 ただし、Google Mapと同様に経路検索機能はあるものの、残念ながら日本ではまだ使えないようだ。

フロリダTampa AirportからClub Paradiseへの経路(画面=左)。アニメーションで表示することも可能だ。一方、東京拘置所から六本木ヒルズへの経路を検索してみたが失敗した(画面=右)

 「Google Earth 4」β版を使っていて感じるのは、インタフェースが英語であるとかそういった不便さよりも、日本では実現できていないことがUSでは実現できていて、しかもそれを(指をくわえながら)見ることができるというある種の“くやしさ”だ(そういえばApple Computerが提供する「iTunes Music Store」が国内サービスを開始するまで同じ思いをした)。日本でも早く同様のサービスが開始されることを期待してやまない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月13日 更新
  1. ロジクールの“ちょい上”パンタグラフ式キーボード「Signature Slim K950」を試す (2024年04月11日)
  2. 8コア16スレッドのRyzen 9 7940HS×Radeon 780M搭載! 片手で握れるミニデスクトップPC「GEEKOM A7」の“強さ”をチェック! (2024年04月10日)
  3. 着脱式スタンドで縦置きや壁掛けも対応! 14型モバイルディスプレイ「GeChic On-Lap M141E」を試す (2024年04月12日)
  4. CopilotでTeams会議の生産性アップへ Jabra製品のMicrosoft認定デバイスで話者識別、文字起こし機能が強化 それがどう役立つのか (2024年04月11日)
  5. 自宅の「スマートロック」にありがちな誤解 家から締め出されないために心掛けている実践的な5つのこと (2024年04月12日)
  6. 無線LANルーター「Aterm」シリーズの一部に複数の脆弱性 設定変更や買い替えをアナウンス (2024年04月11日)
  7. ASRock、グラフィックスカードも装着できるRyzen対応のベアボーンPCキット  (2024年04月12日)
  8. Keychron、メカニカルキーボード「Keychron Q1 Max」日本語配列モデルをMakuakeで提供開始 (2024年04月12日)
  9. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  10. Surfaceライクなビジネス向け12.3型2in1タブレット「VersaPro J タイプVS(VS-L)」を試す (2024年04月10日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー