ニュース
» 2006年06月20日 14時49分 公開

Blu-Ray/HD DVD再生対応のDVD視聴ソフト「WinDVD 8 Platinum」

インタービデオジャパンは、DVD視聴ソフト「WinDVD」シリーズの最新版「WinDVD 8 Platinum」を発表した。Blu-ray/HD DVDコンテンツ視聴に対応したほか、H.264/WMV HDなどの再生もサポートする。価格は1万3440円。

[ITmedia]
photo WinDVD 8 Platinum

 インタービデオジャパンは6月20日、DVD視聴ソフト「WinDVD」シリーズの最新版「WinDVD 8 Platinum」を発表、6月30日より発売する。価格は通常版が1万3440円、アップグレード/乗換え版が1万290円(双方税込み)。

 WinDVD 8 Platinumは、DVD視聴ソフト「WinDVD」シリーズの最新版となる製品で、次世代DVDビデオ規格にも対応。パッケージ内容は、通常のDVD再生対応ソフト「WinDVD」のほか、Blu-ray(BD)対応ソフト「WinDVD BD」、HD DVD対応ソフト「WinDVD HD」の3構成となっており、コンテンツごとに使い分けることになる。なお、WinDVD BDとWinDVD HDは排他利用となっており、同時インストールは不可。また、AACSにより著作権保護されたBD/HD DVDディスクの再生にはインターネット接続環境が必須となる。

 各種動画ファイルの再生にも対応、DivX/WMV HD/H.264/MPEG4 AVC形式ファイルなどをサポートする。またUPnPクライアント機能を備えており、LAN内の公開コンテンツへのアクセス/視聴が可能となっている。対応OSはWindows XP。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.