ニュース
» 2006年07月24日 12時23分 公開

ロジテック、耐衝撃ボディを採用した外付けHDDを値下げ

ロジテックは、USB 2.0接続の外付けHDユニットなど3製品を値下げした。

[ITmedia]
LHD-EC400U2

 ロジテックは7月24日、外付けHDD「LHD-EC400U2」「LHD-EC300U2」および「LHD-EC400FU2」の価格改定を実施した。いずれのモデルも衝撃吸収素材による耐衝撃ボディを採用しているのが特徴だ。

 「LHD-EC400U2」と「LHD-EC300U2」は、USB 2.0接続のHDユニットで、HD容量はそれぞれ400Gバイト/300Gバイト。LHD-EC400U2は3万7800から3万6700に、LHD-EC300U2は2万3100から2万2100に値下げされている。一方、「LHD-EC400FU2」はIEEE1394とUSB 2.0の両インタフェースを備えたモデルで容量は400Gバイト。こちらは4万3000から4万2000に値下げされた(価格はすべて税込み)。

 全モデル共通の仕様として、37(幅)×210(奥行き)×123.6(高さ)ミリのコンパクトなボディに3.5インチ/7200rpmのHDDを内蔵。アルミ製フィンにより放熱を行うファンレス構造となっている。また、PCに連動して電源をオン/オフする機能を搭載するほか、データ漏洩などを防止する4つのセキュリティソフトを同梱する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう