レビュー
» 2006年08月17日 12時03分 公開

プロによる“光りモノ”デコレーション講座:もっと光を!――「デコバコ」にうっとりしてみた (1/3)

“光モノ”パーツを組み込んでカスタマイズできるDIGITAL COWBOY「デコバコ」を入手。自作PCのエキスパートがそろう老舗PCパーツショップに頼んで、デコレーションしてもらった。

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
“デコバコ”こと「ACRYLIC COWBOY(DC-ACSP1)」

 外付けHDDケースは、PCパーツショップの1コーナーを占有するほど種類が多い。最近では2台以上のHDDが搭載できる“テラバイト対応”のボックス型も人気を集めているが、なかでも異彩を放っているのがDIGITAL COWBOYの「ACRYLIC COWBOY(DC-ACSP1)」、通称“デコバコ”だ。

 デコバコは最大4台のIDE HDDを搭載できるHDDケースで、現時点では最大3Tバイトのストレージを作成できる。ジャンパピンによって、すべてのHDDを1つのストレージとして認識させたり、プライマリとセカンダリでモードを切り分けるなどの設定が可能だ。

 出荷時はケースが組み上がっておらず、支柱やアクリルパネル、IDEインタフェースをUSB 2.0やIEEE1394aに変換する基板を、ユーザーが自分で組み立てる仕様だ。ATX規格の電源ユニットが搭載できるほか、背面には8センチや12センチの汎用ファンを設置できる。PCで採用されている規格を最大限に採り入れており、自作PCパーツを利用してカスタマイズできるのが最大の特徴といえる。

同梱の基板にあるジャンパピンによって、HDDの動作モードを変更できる(写真=左/中央)。5ミリ厚のアクリルパネルには透明なダークブルーを採用。LEDの光を透過でき、光モノを組み込むと見栄えがする(写真=右)

 今回は、ケースを好きなだけデコレーションできるデコバコの魅力を最大限に引き出すため、自作PCのエキスパートがそろうPCパーツショップでカスタマイズしてもらうことにした。「見せてもらおうか、アキバPCショップ店員の実力とやらを!」(他力本願)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう