もっと光を!――「デコバコ」にうっとりしてみたプロによる“光りモノ”デコレーション講座(1/3 ページ)

» 2006年08月17日 12時03分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
“デコバコ”こと「ACRYLIC COWBOY(DC-ACSP1)」

 外付けHDDケースは、PCパーツショップの1コーナーを占有するほど種類が多い。最近では2台以上のHDDが搭載できる“テラバイト対応”のボックス型も人気を集めているが、なかでも異彩を放っているのがDIGITAL COWBOYの「ACRYLIC COWBOY(DC-ACSP1)」、通称“デコバコ”だ。

 デコバコは最大4台のIDE HDDを搭載できるHDDケースで、現時点では最大3Tバイトのストレージを作成できる。ジャンパピンによって、すべてのHDDを1つのストレージとして認識させたり、プライマリとセカンダリでモードを切り分けるなどの設定が可能だ。

 出荷時はケースが組み上がっておらず、支柱やアクリルパネル、IDEインタフェースをUSB 2.0やIEEE1394aに変換する基板を、ユーザーが自分で組み立てる仕様だ。ATX規格の電源ユニットが搭載できるほか、背面には8センチや12センチの汎用ファンを設置できる。PCで採用されている規格を最大限に採り入れており、自作PCパーツを利用してカスタマイズできるのが最大の特徴といえる。

同梱の基板にあるジャンパピンによって、HDDの動作モードを変更できる(写真=左/中央)。5ミリ厚のアクリルパネルには透明なダークブルーを採用。LEDの光を透過でき、光モノを組み込むと見栄えがする(写真=右)

 今回は、ケースを好きなだけデコレーションできるデコバコの魅力を最大限に引き出すため、自作PCのエキスパートがそろうPCパーツショップでカスタマイズしてもらうことにした。「見せてもらおうか、アキバPCショップ店員の実力とやらを!」(他力本願)。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月25日 更新
  1. 「Surface Laptop 7」を思わず自腹購入! プロイラストレーターが試して分かった満足点と懸念点 (2024年07月24日)
  2. 全世界で発生したCrowdStrike“ブルスク”問題、原因からIT担当者が検討すべきセキュリティ対策を考察する (2024年07月24日)
  3. PowerPointで「Copilot」を使うと何ができる? 最初の一歩をチェック (2024年07月23日)
  4. レトロモダンなキーボード/マウス「Lofree」シリーズは、魅力的なルックスだけじゃない実力派だった (2024年07月23日)
  5. アドビが「Photoshop」「Illustrator」のデスクトップ版をアップデート テキストから画像を生成する機能を追加 (2024年07月23日)
  6. “心地よさ”が抜群に高いヘッドフォン「Sonos Ace」 仕事の休息で音楽につつまれよう (2024年07月23日)
  7. スマートウォッチ、今も使い続けていますか? 1万ちょいで買えるAmazfitの新製品に注目 (2024年07月24日)
  8. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
  9. バッファロー、握りやすさを重視したBluetooth 5.0対応の5ボタンワイヤレスマウス (2024年07月24日)
  10. ASUS JAPANの新型ポータブルゲーミングPC「ROG Ally X」を試す パワーアップで実用性向上 マルチに活躍できる1台に (2024年07月22日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー