ニュース
» 2006年08月30日 11時53分 公開

富士通、垂直磁気記録対応の2.5インチHDDを出荷

富士通は、垂直磁気記録方式の採用により大容量を実現した160Gバイト2.5インチHDDを発表した。出荷開始は10月末よりとなる。

[ITmedia]
photo MHW2 BH

 富士通は8月30日、垂直磁気記録方式を採用する160Gバイト2.5インチHDD「MHW2 BH」を発表、グローバルプロダクトとして10月末より発売を開始する。

 MHW2 BHシリーズは、垂直磁気記録方式の採用により2.5インチHDDとしては業界最大級となる160Gバイトの大容量を実現した内蔵型HDD。インタフェースはSerial ATAで、回転数は5400rpm。バッファサイズは8Mバイト、平均シーク時間は読み出し時12ミリ秒、書き込み時14ミリ秒となる。

 製品ラインアップは、80Gバイトモデルの「MHW2080BH」、160Gバイトモデルの「MHW2160BH」の2モデルを用意している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう