ニュース
» 2006年09月14日 15時49分 公開

ソーテック、Core 2 Duo搭載/4時間駆動のモバイルノート「WinBook WS5000」

ソーテックは、CPUとしてCore 2 Duoを搭載可能な12インチ液晶内蔵モバイルノートPC「WinBook WS5000」を発売する。直販限定での提供で、BTOカスタマイズにも対応する。

[ITmedia]
photo WinBook WS5000

 ソーテックは9月14日、CPUとしてCore 2 Duoを搭載可能なモバイルノートPC「WinBook WS5000」を発表、ソーテックダイレクトにて本日より受注を開始した(出荷開始予定日は9月21日)。BTOカスタマイズに対応、価格は11万9800円から(税込み)。

 WinBook WS5000は、1024×768ドット(XGA)表示対応12.1インチ液晶ディスプレイを内蔵するモバイルノートPCで、マザーボードにIntel 945GM Expressチップセット搭載製品を採用。CPUとしてCore 2 Duo T5500(1.66GHz)/T7200(2GHz)/T7400(2.16GHz)を選択できる。長時間駆動に対応、標準バッテリで約4.2時間の駆動が可能。また光学ドライブ非搭載時には重量約1.5キロとなる軽量設計となっている。

 搭載メモリは512Mバイト〜1.5Gバイト、HDDは40Gバイト〜120Gバイト、光学ドライブは非搭載/DVDコンボドライブ/2層対応DVDスーパーマルチドライブから選択可能。また、オプションによりIEEE802.11a/b/g無線LANを装備できるほか、Office 2003の追加なども行なえる。

 本体サイズは 274(幅)×232(奥行き)×34(高さ)ミリ。光学ドライブ搭載時の重量は約1.6キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.