酔ってプレイは危険? Wii発売直前のアキバで“うーい”週末アキバPickUP!(3/4 ページ)

» 2006年12月02日 03時09分 公開
[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]

ザルマンから登場した「CNPS9700 NT」は外国人に大人気

ザルマン「CNPS9700 NT」

 今週の木曜日、ザルマンのCPUクーラー「CNPS9700 NT」が複数のショップの店頭に並んだ。価格は8500円前後で、在庫は潤沢だ。

 CNPS9700 NTはLGA775とSocket AM2、Socket 940/939/754に対応するCPUクーラーで、円形のヒートシンクがファンを囲んだお馴染みのデザインを採用している。10月中旬に登場した「CNPS9700-LED」のバリエーションモデルで、羽が緑色に光るのが特徴。また、CNPSに対応した4ピンの電源コネクタを新たに採用した。

 緑に光るファンがめずらしいこともあり、バリエーションモデルながら、各ショップで出足は好調という。T-ZONE.PC DIY SHOPは「特に外国の方が買っていかれます。冷却性能はもちろんですが、見た目のインパクトに惚れ込んでいるようですね」と話す。ほかのショップでも、大型フィンを搭載したスタイリッシュなCPUクーラーは、海外の人にウケがいいといった話をたまに聞く。では、日本人に人気のあるCPUクーラーはどのような形状か?

 某ショップは「見た目のインパクトに惹かれるのは万国共通です。ただ、日本人は“これはよく冷えそうだ”という、機能美に魅力を感じる傾向が強いですね」とのこと。

 T-ZONE.PC DIY SHOPやBLESS秋葉原本店は、CPUクーラーの人気ランキングを表示している。上位に並ぶのは、「峰クーラー」(サイズ)、「SI-128」(サーマルライト)、「COOL120-17DB」(SNE)など、確かに“よく冷えそう”なモデルばかり。そして、ここ最近でもっとも高い人気を誇るのは、開発者がパッケージに登場して話題を呼んだ「ANDY SAMURAI MASTER」(サイズ)という。

T-ZONE.PC DIY SHOPのCPUクーラー売れ筋ランキング(写真=左)。BLESS秋葉原本店の人気TOP3。ただ、ごく最近は、在庫数の関係もあり、峰クーラーとANDYに人気が集まっているそうだ(写真=中央)。極東の地で本人も知らずうちに鎧を着せられていた「ANDY」開発者のANDY氏(写真=右)

「ANDYはCPUだけでなく、周囲のコンデンサやメモリも冷却する効果があるため、ヒットを続けていますね。性能の特徴がデザインによく現れているのが人気の理由だと思います。パッケージ? ああ、それはまったく関係ないですね」(某ショップ)とのことだ。ドイツ在住のANDY氏にも、この快挙をぜひ伝えたい……。

製品:ザルマン「CNPS9700 NT
入荷ショップ
TSUKUMO eX.8480円
高速電脳8480円
T-ZONE.PC DIY SHOP8480円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

最新トピックスPR

過去記事カレンダー