ニュース
» 2007年01月29日 11時55分 公開

週末アキバ、その頃メイド喫茶では…:MSIキックオフイベント――メイドさんに囲まれて「大成功」と担当者

AMDの“兄貴”がQuad FXについて熱く語っているころ、MSIは「めいどinじゃぱん」にて、メイドさんに囲まれながら2007年初のイベントを開いていた

[古田雄介(アバンギャルド)&ITmediaアキバ取材班,ITmedia]
会場となった「めいどinじゃぱん」。LAOXザ・コンピュータ館の地下1階に構える有名なメイド喫茶だ

 1月27日に、MSIが2007年のキックオフイベントを、メイド喫茶の「めいどinじゃぱん」で行った。PCパーツメーカーがメイド喫茶を借りてイベントを行うのは、もちろん初めての試み。

 会場には、2007年初旬の発売を予定している新製品が展示されたほか、QuadコアCPUのオーバークロックデモ、豪華賞品が当たる福引きも行われた。なお、16時からはプレス向けの発表会を予定していたが、来客が途絶えないため、一般参加者も引き続き入店できるように調整。メイド喫茶を会場に選んだことが功を奏し、担当者も「イベントとしては大成功だった」と満足気に語っている。

記者発表会の様子(写真=左)。記者に配られた資料も、メイド喫茶仕様になっていた(写真=中央)。当日はMSIのイベントのため、「めいどinじゃぱん」は貸切状態。知らずに訪れて、トボトボ帰る純粋なメイドさん好きな若者も数名見かけた(写真=右)

久々の“Diamond”シリーズが登場+新しいベンチマークの提案に注目

 当イベントで未発表マザーが7製品並べられていたが、なかでも注目を集めていたのが「P6N Diamond」だ。Core 2 Duo/Extreme向けのATXマザーで、チップセットにはnForce 680iを搭載している。MSIが通常のモデルよりもさらに高性能と実現したマザーだけに与える“Diamond”の名を型番に加えており、自信のほどがうかがえる。ちなみにLGA775対応マザーでは初のDiamondシリーズとなる。価格は4万6000円前後で、3月上旬に発売する予定だ。

 さらに、Socket AM2対応マザー「K9N Diamond PLUS」も展示予定だったが、間に合わなかったとのこと。価格は未定ながら、早ければ2月下旬に出回る。(※記事初出時、「K9N Diamond PLUS」を説明する記述に「Quad FX向け」とありましたが、正しくは「Socket AM2」となります。読者ならびに関係者のみなさまにお詫びするとともに、訂正いたします)

最も注目を集めていた「P6N Diamond」。現在もラインアップが少ないnForce 680iマザーだけあり、登場が待たれる(写真=左)。ノート型ベアボーンも3製品展示していた。写真は13.3型ワイド液晶搭載の「MS-1311」。天板にスワロフスキー社製のクリスタルを埋め込んだ限定モデルだ。3月中旬に登場する予定で価格は未定(写真=中央)。AMD LIVE!に準拠したホームPC「MSI Media Live PC(仮称)」も展示していた。3月下旬には登場する可能性が高い。こちらも価格は未定だ(写真=右)

 製品紹介に続いて、MSIが提唱したのは“新しいベンチマーク”の指標だった。スクリーンに大きく映し出された「MSI えこべんち」とは、電力対効果を競う新しいタイプのベンチマーク。高性能のみを求める従来とは異なり、効率的な電力消費にも目を向けているのが特徴だ。ベンチマークスコアを消費電力で割ることにより、「エコスコア」を導き出す。同社は「ハイエンドユーザーだけの楽しみだったベンチマークが、幅広いユーザーの間で共有できるようになります」と、目的を語った。

 提唱からさっそく実行に移し、2月には「第1回 MSIえこべんち大会」を催すという。特定条件を満たした環境で、各自がベンチマークを行い、デジカメで撮影してMSIに送るというもの。参加資格は不問で、MSI製マザーを利用していれば誰でも参加できる。

担当者が前日に作ったという「MSIえこべんち」のロゴ(写真=左/中央)。参加者は、3D MARK06の特定の画面とワットチェッカーを一緒に写して、MSIにメールを送る。ワットチェッカーの種類は問わないとのこと(写真=右)

 記者発表会のあとは、メイドさんによるじゃんけん大会。3人のメイドさんが舞台に立ち、MとSとIのポーズをとる当日限定の振り付けでジャンケンし、会場はさらに盛り上がった。

 そして、もう1点。MSIも予期しないサプライズが起きた。スタッフ然として会場の隅に立っていたツートップ秋葉原本店の名物スタッフ・市川氏が、MSIのイベント成功を祝して(?)、MSIのロゴが入った特製ケーキを披露。メイド喫茶で男性にケーキをもらっても……という微妙な空気を吹き飛ばすように、市川氏が満面の笑顔をカメラに向けてくれた。

メイドさん3人による“M・S・Iジャンケン”(写真=左/中央)。MSIのロゴが入ったケーキ。1日間前に思いついて、市川氏が知人に頼んで作ってもらったとのこと(写真=右)

 イベントの終わり、MSIのチャネルセールス&マーケティング部 三好 正行氏に、メイド喫茶に決めた理由を尋ねたところ、「本当はリナックスカフェが本命でしたが、AMDさんが先に入っていまして……。これを機に新たな会場を開拓しようと思い、インパクトと立地条件を考えた結果、めいどinじゃぱんさんに白羽の矢が立ったわけです」と話してくれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう