レビュー
» 2007年03月30日 12時00分 公開

イマドキのイタモノ「ASUS注目マザー連続レビュー」:第3回:遊べるマザーの最高峰──ASUS「Striker Extreme」 (1/2)

ASUSの注目マザーをレビューする短期連載のトリは「あれば完売」のnForce 680i SLI搭載マザーの登場だ。

[寺崎基生,ITmedia]

nForce630 SLIチップセットを搭載したR.O.Gシリーズの第2弾

 2006年の暮れに発売されてたちまち品切れになるほどの人気を博した「Striker Extreme」は、R.O.G.シリーズの第2弾としてデビューした。最初のR.O.G.シリーズマザー「CROSSHAIR」は、NVIDIAのnForce 590 SLIチップセットを搭載したSocket AM2マザーボードであったが、Striker Extremeは、同じNVIDIA製でCore2DuoやCore2Quadなどのインテル製CPUに対応するnForce 680i SLIチップセットを搭載している。

 nForce 680i SLIは、昨年11月にデビューしたばかりのインテル製CPU対応のチップセットで「究極のオーバークロッキングマザー」という謳い文句を持つほど、高クロックや発熱などへの耐性を高めたチップセットである。これほどR.O.G.シリーズに似合うチップセットはないだろう。このチップセットでは、NVIDIA社自らもマザーボードの製造に乗りだし、eVGAやECSなどからOEM発売されている。Striker Extremeは、NVIDIA以外のブランドで登場したnForce 681i SLI搭載マザーとして、発売当初話題となった。

 対応するCPUは、Core2 Extreme/DUOなどのLGA775ソケット用CPUで、BIOSを最新のβ版にアップデートすればCore2 Quad Q6600にも対応可能だ。ネットワーク機能は、1000BASE-T LANを2系統持つ。nForce 680i SLIは、1000BASE-T イーサネットコントローラの論理層を2つ備えた“DualNet”を搭載している。物理層には、Marvellの88E1118を2個搭載し、デュアルギガビットLANを実現している。

強力なオーバークロック機能を有するnForce 680i SLIを搭載した「Striker Extreme」はCPUを取り囲む巨大なクーラーユニットが特徴だ
LANの論理層はnForce 680i SLIに内蔵されているので、Mervell製の論理層のみを2基搭載し、デュアルギガビットLANの構成にしている

8フェーズの電源回路と高品位コンデンサを搭載

 オーバークロッカー向けというキャッチフレーズ通り、P5B Deluxeから採用されている8フェーズの電源回路を搭載いる。高クロック動作、高負荷動作においても安定した電力供給が可能で、かつ、発熱も少ないため、オーバークロック設定における安定動作に大きく貢献してくれる。

 電源回路周辺に配置されたコンデンサは、タンタルコンデンサが採用されているだけでなく、電源部以外でも高分子アルミ電解コンデンサが使用されている。どちらも、通常の電解コンデンサよりも温度特性や周波数特性に優れているので、こちらも高クロック時における安定した電力供給を可能にしてくれる。また、液体を使ったコンデンサを使用していないため、耐久性も高く、長期間の運用でも安心だ。

CPUソケットの周りに並ぶ、四角いチップ状のパーツがチップタンタルコンデンサだ。背が低いので、CPUクーラーとは干渉しないというメリットもある
電源回路以外に実装されたコンデンサは、すべてアルミ電解タイプになっている。固体コンデンサであるため耐久性も高い

 電源回路のレギュレータは、マザーボードのパーツの中でも発熱の大きいところだが、Striker Extremeでは、ヒートパイプでつながれた3つのヒートシンクで直接冷却を行っており、高負荷時の安定性をアップさせている。また、このヒートパイプは、ノースブリッジおよびサウスブリッジにもつながっており、チップセットの発熱を抑えて、高クロック時の誤作動を減らす効果が得られるはずだ。

 マザーボード基板の裏面には、ASUSのハイエンドマザーでおなじみの放熱用銅板を貼り付けた「StackCool2」が採用されている。オーバークロックのためにできることはすべて盛り込まれた、「CPUの限界にチャレンジする」ための強力なマザーボードと言えるだろう。

電源回路のレギュレータにはヒートシンクが3方に設置され、CPUソケットを囲む形でヒートパイプが張り巡らされている。CPUクーラーによっては、干渉する場合があるので注意したい
サウスブリッジにもヒートシンクが取り付けられ、ヒートパイプでつながった電源回路やノースブリッジと一緒に冷却される
基板の裏面に放熱用の銅板を仕込んだStackCool2が採用されている

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう