ニュース
» 2007年04月23日 12時22分 公開

古田雄介のアキバPickUP!:AMDイベントのウラでIntel製CPUに価格改定の動き (1/2)

TSUKUMO eX.前でAMDがイベントを開催。題して「DIYの未来予想図II+ 〜ところでII+って何? え?! 2+?!〜」……何だこのタイトル。

[ITmedia]

“兄貴”の使用例を交え、Quad-FXのスゴさをアピール

 アキバで行われるAMD主催のイベントは悪天候に悩まされることが多かったが、この日は快晴で比較的暖かく、午後から行われた3回のイベントは毎回100人近いギャラリーができていた。普段のCPUベンチマーク対決と違い、今回のイベントは、現行のAMD製プラットフォームの利点と近い将来のロードマップの解説が主旨となっている。ゴールデンウィークを前に自作をはじめる人や、現行製品の将来性を気にして買い控えている人にうってつけの内容だった。

 まずは、「お手軽派から究極派まで」(プレゼン資料)幅広いユーザーが楽しめるAMDのプラットフォームを、デモ機とともに紹介。Mini-ITXサイズのAMD 690GマザーにTDP45ワットのAthlon 64 3800+を搭載した超小型マシンに続き、2個のAthlon 64 FX-74と2枚のGeForce 8800 GTXカードを組み込んだQuad-FXを披露した。

 「AMD 690マザーのグラフィックス機能を使って手軽にVistaマシンを構築したり、4コアCPUと4GPUを駆使してメガタスキングを堪能することもできるんです」(司会の日本AMD 佐藤氏)

透明ケースにちょこんと入っているAMD 690Gマシン。周囲に余裕があることから、CPUクーラーのファンを外して稼働させている(写真=左)。2台のQuad-FXマシン。手前の水冷タイプは、兄貴が会社の休み時間を利用して約1カ月かけて組み立てたものらしい(写真=中央)。マシンスペック。Quad-FXは後方のマシンの構成を示す(写真=右)

 披露された2台のQuad-FXマシンは、“兄貴”こと日本AMD 土居憲太郎氏のもの。兄貴は、会社のマシンから自宅のQuad-FXマシンにアクセスして動画変換を試みるなど、ヘビーな作業が普通にこなせることを説明。また、BDドライブを搭載したQuad-FXマシンを、HDコンテンツが楽しめるホームシアターのセンター機に利用するなど、とにかく豪勢に使えることをアピールした。

 次に、佐藤氏から、Quad-FXマシンを利用して、3〜4年前の古いノートパソコンでハイビジョンコンテンツを楽しむ方法が説明された。通常、リモートアクセスを受けているマシンはログインできない状態になるが、Windows VistaならマルチOS機能を利用することで、どちらのマシンも同時に使えるようにする。

 デモでは、内蔵する4コアのうち、2コアだけをリモートアクセス側に渡し、2台のマシンでリッチコンテンツを快適に動かせてみせた。「Quad-FXを買うと、古いマシンを使っている家族も恩恵を受けることができます。サイフが厳しいお父さんも、奥さんや子供を説得しやすいはず」と、家庭内プレゼンのアドバイスまでしていた。

Quad-FXマシンの解説に、兄貴登場(写真=左/中央)。兄貴が組んだQuad-FXマシンの構成。2種類の水冷キットを組み込んだのがポイント(写真=右)

Quad-FXマシンにリモートアクセスして、古めのノートパソコンでHD動画が快適に視聴できた(写真=左)。ウィンドウ表示側のOS(Windows XP)に2つのコアを割り振って、ノートパソコンにアクセスさせている(写真=中央)。100枚のテキストボックスを3Dフリップで動かして、メッセージを伝えるという余興も披露。「Quad-FXの性能とは関係ないですけどね」(佐藤氏/写真=右)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう