ニュース
» 2007年07月10日 12時49分 公開

沖データ、コンパクトタイプのオフィス向けカラー複合機など2製品

沖データは、オフィス向けA4カラー複合機「C3530MFP」、およびコンパクトタイプのモノクロLEDプリンタ「B2200n」の2製品を発表した。

[ITmedia]
photo C3530MFP

 沖データはこのほど、オフィス向けA4カラー複合機「C3530MFP」、およびコンパクトタイプのモノクロLEDプリンタ「B2200n」の2製品を発表した。出荷開始時期はC3530MFPが8月下旬、B2200nが7月中旬。価格はC3530MFPが17万6400円、B2200nが4万1790円(双方税込み)。

 C3530MFPは、同社製LEDプリンタ「C3400」をベースとした省スペース筐体を採用するネットワーク対応のA4カラー複合機で、カラー時16枚/分、モノクロ時19枚/分(A4コピー時)の高速出力に対応。スキャン/カラープリント/カラーコピー/ファックスの機能を利用できる。

 複合機にありがちな複雑な操作系を見直し、シンプルで使いやすくした同社デザインコンセプト「S3(エスキューブ)」設計モデルで、さまざまな機能を簡単に利用することができるのが特徴。ユーザーやグループ毎のID付与と各種使用制限や、一度の印刷操作で複数の同一機種プリンタへの出力を行う「同報印刷」などにも対応する。

photo B2200n

 B2200nは、世界最小の設置床面積を実現した省スペース型のLEDプリンタで、ネットワーク接続に標準で対応。印刷速度も従来モデルの「MICROLINE 8w」シリーズの8枚/分から、20枚/分へと大幅に高速化されている。

 独自のDigital LEDヘッドの採用により1200×600dpiの高解像度出力を実現。ランニングコストはA4時で約3.8円/枚となっている。

関連キーワード

FAX | LED | 最小


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう