ニュース
» 2007年07月10日 15時12分 公開

オウルテック、黒軸キー採用の日本語キーボード「OWL-KB108MT」

オウルテックは、独Cherry製の“黒軸”キーを採用した日本語108キーボード「OWL-KB108MT」シリーズを発表した。

[ITmedia]
photo OWL-KB108MT(W) (上)、OWL-KB108MT(B) (下)

 オウルテックは7月10日、黒軸キーを採用した日本語108キーボード「OWL-KB108MT」シリーズを発表、7月中旬より発売する。ホワイトモデルの「OWL-KB108MT(W)」とブラックモデルの「OWL-KB108MT(B)」の2モデルを用意、価格はオープン、予想実売価格は双方9980円。

 OWL-KB108MTシリーズは、独Cherry製の高品位メカニカルスイッチを採用するキーボードで、押下時に抵抗感を感じさせない“黒軸”スイッチを用いた。また、剛性と耐久性を高める金属板を本体内に内蔵している。

 接続インタフェースはUSB(PS/2変換コネクタ付属)。本体サイズは445(幅)×165(奥行き)×34(高さ)ミリ、重量は約1.16キロ。

関連キーワード

キーボード


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう