ニュース
» 2007年07月20日 11時16分 公開

東芝、ノートPC発火事故に伴う新自主交換プログラムを発表――前回とは異なる型式が新たに該当

東芝は、同社製ノートPCに搭載されたバッテリパックの発火事故に伴う、新たな自主交換プログラムについてのアナウンスを行った。2006年9月に告知された自主交換とは別の型式が新たに対象となっている。

[ITmedia]

 東芝は7月20日、同社製ノートPCに搭載されたバッテリパックの発火事故に伴う、新たな自主交換プログラムについてのアナウンスを行った。

 今回発表となった自主交換プログラムは、2006年9月に告知された自主交換プログラムとは別の型式の製品が新たに対象となっており、前回確認済みのユーザーにも改めて注意を呼びかけている。

 対象となるのは、ソニー製バッテリパックを搭載した同社製ノートPCのうち、一定型式のうちの特定ロットのバッテリパック。対象となるバッテリパックを搭載したPCの機種名/製造番号は以下の表のとおりで、「(1)対象となる可能性のある製品/型番」に該当し、かつ「(2)交換対象となるバッテリパックの型番」が一致する場合に、無償交換の対象となる。

 交換プログラムの詳細、および製品型番/バッテリパック型番の確認方法についてはこちらを参照のこと。

(1)対象となる可能性のある製品/型番
機種名型番製造番号の左2桁の英数字
dynabook AX/720LLTPAAX720LLT26
dynabook AX/720LSTPAAX720LST26,36
dynabook AX/730LSPAAX730LS26,36
dynabook AX/740LS/LSB/LSKPAAX740LS、PAAX740LSB、PAAX740LSK16,26,36
dynabook AX/740LSDPAAX740LSD26,36
dynabook AX/745LSPAAX745LS16,26
dynabook AX/840LSPAAX840LS36,46
dynabook AX/840LSB/LSBB/LSK/LSMPAAX840LSB、PAAX840LSBB、PAAX840LSK、PAAX840LSM46
dynabook Satellite AW4PSAW41JLWBS3K、PSAW41JLWPS3K、PSAW41JLWPS3L、PSAW41MCWPS3K、PSAW41MCWPS3L16,26,36,46
dynabook Satellite AW4PSAW41JLWBS3L26,36,46
dynabook Satellite AW4PSAW41MCWBS3K、PSAW41MCWBS3L16,26,36
dynabook TX/745LSPATX745LS16,26,36
dynabook TX/750LSBPATX750LSB16,26
dynabook TX/760LSPATX760LS16,26,36
dynabook TX/760LSKPATX760LSK16,26,36
dynabook TX/762LSJPATX762LSJ16,26
dynabook TX/770LSPATX770LS16,26,36
dynabook TX/770LSBIPATX770LSBI16,26
dynabook TX/850LSPATX850LS46
dynabook TX/855LSPATX855LS46
dynabook TX/860LS/LSB/LSBI/LSKPATX860LS、PATX860LSB、PATX860LSBI、PATX860LSK46
dynabook TX/880LS/LSJPATX880LS、PATX880LSJ36,46
dynabook TX/880LSBBPATX880LSBB36
dynabook VX/780LSPAVX780LS26,36
Satellite A100PSAA0Z-024012、PSAA2Z-02M02026
Satellite A100PSAA0Z-02P01216,26
(2)交換対象となるバッテリパックの型番
営業型番PABAS067
PABAS076

関連キーワード

バッテリー | dynabook | ノートPC | ソニー | 東芝


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう