ニュース
» 2007年10月05日 11時31分 公開

アイ・オー、“turbo以上”なUSB加速化ツール「マッハUSB」無償提供を開始

アイ・オー・データ機器は、既存のUSB 2.0機器の転送速度を加速できる転送速度効率化ユーティリティ「マッハUSB」を発表した。同社対象製品143機種のユーザー向けに無償提供が行われる。

[ITmedia]
photo

 アイ・オー・データ機器は10月5日、USB 2.0機器の転送速度を加速できる転送速度効率化ユーティリティ「マッハUSB」を発表した。

 マッハUSBは、USB 2.0接続対応機器の転送速度を効率化するユーティリティで、既存の機器をハードウェアの拡張なしに高速化できるのが特徴。リード/ライトの双方を高速化、独自のチューニングによりデータ転送パケットを拡張することで、最大約30%の高速化を実現できるとしている。

 利用可能機器は、同社製の現行販売モデルとなるHDD142機種、およびBlu-Rayドライブ1機種の計143機種。該当機種のユーザーは、同社Webサイトにてシリアルナンバーを入力することで、無償でマッハUSBをダウンロードして利用することができる。対応OSはWindows 2000 Professional/XP/Vista。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう