ニュース
» 2007年11月16日 12時07分 公開

アップル、AVCHD対応のMac OS X用動画編集ソフト「Final Cut Express 4」

アップルは、動画編集ソフト「Final Cut Pro 6」をベースとした最新ビデオ編集ソフト「Final Cut Express 4」を発表した。

[ITmedia]

 アップルはこのほど、高機能ビデオ編集ソフト「Final Cut Express 4」を発表、11月19日より発売する。価格は2万3800円。

 Final Cut Express 4は、同社製動画編集ソフト「Final Cut Pro 6」をベースとしたビデオ編集ソフトで、新たにAVCHD規格のビデオカメラをサポートした。また、DV映像とHD映像をリアルタイムでミックスできる「オープンフォーマット・タイムライン」機能も実装しており、フォーマットやフレームレートを気にすることなく編集を行うことが可能となっている。

 iMovie '08との強力な連携機能も特徴で、iMovie '08のプロジェクトを取り込むことでビデオ/グラフィックスレイヤー/アニメーションタイトルなどの編集を簡単に加えることができる。

 対応OSはMac OS X 10.4.10以降。

関連キーワード

Apple | Mac | AVCHD | Mac OS X | デジタルビデオカメラ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう