ニュース
» 2007年11月22日 14時54分 公開

東芝、「dynabook Satellite TXW」のグラフィック強化モデルを発表

東芝は、Webオリジナルモデルとなる「dynabook Satellite TXW」グラフィック強化モデル「dynabook Satellite TXW/69DW」を発売する。

[ITmedia]
photo dynabook Satellite TXW/69DW

 東芝は11月22日、Webオリジナルモデルとなる「dynabook Satellite TXW」グラフィック強化モデル「dynabook Satellite TXW/69DW」(以下Satellite TXW/69DW)を発表、本日より発売を開始する。価格は1Gバイト搭載モデルの「PATW69DLN11W」が16万9800円、2Gバイト搭載モデルの「PATW69DLN10W」が17万9800円、2Gバイト搭載/Office2007 Personalプレインストールモデルの「PATW69DLP10W」が19万9800円(いずれも税込み)。

 Satellite TXW/69DWは、15.4インチワイド液晶ディスプレイ搭載ノートPC「Satellite TXW」をベースとしたWebオリジナルの最新モデルで、グラフィックスチップにMobility Radeon HD 2600を搭載した。CPUはCore 2 Duo T7500(2.2GHz)、HDDは120Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを装備する。OSはWindows Vista Home Premium。

関連キーワード

dynabook | 東芝 | ノートPC | Core 2 Duo | Windows Vista | Radeon


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう