ニュース
» 2007年12月19日 11時55分 公開

東芝、「dynabook CX」のWebオリジナルモデルを発売――Bluetoothを標準装備

東芝は、2008年春モデルのモバイルノート「dynabook CX/47E」をベースにBluetoothを追加したWeb直販オリジナルモデル「dynabook CXW/47EW」を発表した。

[ITmedia]
photo dynabook CXW/47EW

 東芝は12月19日、2008年春モデルのモバイルノート「dynabook CX/47E」をベースにBluetoothを追加したWeb直販オリジナルモデル「dynabook CXW/47EW」を発表、発売を開始した。価格は19万7800円(税込み)。

 dynabook CXW/47EWは、省電力LEDバックライトを搭載した13.3インチ液晶を装備し、CPUにCore 2 Duo T7250(2.0GHz)を搭載した最新モバイルノート「dynabook CX/47E」のカスタマイズモデルで、基本スペックはそのままにBluetooth Ver.2.0+EDRを追加した。

 そのほかのおもなスペックに変更はなく、搭載メモリは2Gバイト、HDDは120Gバイト、光学ドライブは2層対応DVDスーパーマルチドライブを装備。OSはWindows Home Premium、オフィスアプリケーションはOffice Personal 2007 with PowerPoint 2007を同梱している。

関連キーワード

dynabook | 東芝 | ノートPC | Bluetooth | Core 2 Duo | Office | 省電力


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう