ニュース
» 2008年04月28日 09時02分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:“観光電気街”の巡回ルート? 上海問屋がアキバに (3/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]

「紫帯の“阿部さん”は、買いです」――abeeの4周年記念電源が人気

abee「AS Power SD-520ELE」。

 4月23日に、高級ケースや電源の国内メーカーとして知られるアビーから、設立4周年を記念した電源ユニットが登場した。ATX電源の「AS Power SD-520ELE」で、価格は6980円。2980台限定の特別パッケージとされる(ほんの少しだけ関連記事:阿部さん【あべ-さん】)。

 AS Power SD-520ELEの定格出力は520ワットで、メイン電源を除くケーブルが着脱式となっている。なお、昨年7月に登場した設立3周年記念モデル「AS Power SD-500ELE」と同じ価格設定ながら、定格容量は20ワット向上した。

 入荷したショップは、“超おすすめ”と口をそろえる。「電源はスペックよりも、安定して動作する信頼性が重要です。その点、abeeは心配ない。いつも限定パッケージは激安価格となりますが、品質は通常モデルと同じレベルなので、本当にお買い得ですよ。定格520ワットなので、ヘビーゲーマーでもない限りは十分でしょう」(フェイス パーツ館)とベタぼめだ。

 なお、同様に設立4周年記念として、ATXケース「AS Enclosure M5 LIMITED EDITION」も70台限定で発売中。こちらは4万9800円と、高価な部類に入る。そのためもあってか、店員さんの態度は気持ち冷ややかだった。「モノは確かにいいですが、5万円も出すくらいなら、いまはコスモスを買う人が多いんじゃないでしょうか」などのコメントを複数のショップで聞いた。

 その“コスモス”は、同じタイミングで登場したクーラーマスターのATXケース「COSMOS S」のこと。昨年8月からロングヒットを続ける「COSMOS」の後継モデルで、全面に5インチベイ×7、3.5インチシャドウベイ×4を持つ。側面に直径20センチ、前背面にそれぞれ直径12センチのファンを備えており、高い冷却性能も特徴だ。価格は3万5000円前後。

 BLESS秋葉原本店は「一時期省電力化が進んでいましたが、いまハイスペックなマシンを構成すると消費電力がかなり高くなります。そのために、冷却性の高いケースが順調に売れますね。前作と同様にヒットすると思います」と語る。

クーラーマスター「COSMOS S」(写真=左/中央)。前モデル「COSMOS」もT-ZONE.PC DIY SHOPに入荷していた。価格は3万2800円(写真=右)

製品名:abee「AS Power SD-520ELE
入荷ショップ
クレバリー1号店6924円
TSUKUMO eX.6980円
パソコンショップ・アーク6980円
フェイス パーツ館6980円
ツートップ秋葉原本店6980円
T-ZONE.PC DIY SHOP6980円
ドスパラ秋葉原本店6980円
BLESS秋葉原本店6980円

製品名:クーラーマスター「COSMOS S
入荷ショップ
BLESS秋葉原本店3万4980円
TSUKUMO eX.3万5500円
パソコンショップ・アーク3万5500円
T-ZONE.PC DIY SHOP3万5500円
ドスパラ秋葉原本店3万5500円

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう