ニュース
» 2008年04月28日 09時02分 公開

古田雄介のアキバPickUp!:“観光電気街”の巡回ルート? 上海問屋がアキバに (4/4)

[古田雄介&ITmedia アキバ取材班,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

まだあるAGP需要――ハイエンドはRADEON HD 3850 OCモデル

富士通「MHZ2320BH」

 複数のショップに富士通の2.5インチHDD「MHZ2320BH」が入荷している。価格は1万6000円前後で、在庫は少数だ。

 MHZ2320BHはSerial ATA接続で容量は320Gバイト。各ショップで好調に売れているという。BLESS秋葉原本店は「シーゲートを除いて、2.5インチHDDメーカーの320Gバイトが出そろいました。3.5インチと違って、2.5インチは最大容量がよく売れるんです。ただ、日立の500Gバイトは厚みが異なるため、敬遠する人が多いですね」という。

 また、AGP接続のグラフィックスカードでも最高性能のモデルが登場した。HISの「H385Q512ANP」で、オーバークロック仕様のRADEON HD 3850を搭載している。価格は2万5000円強。クロックアップはコアが668MHzから720MHzに、メモリが1656MHzから1820MHzになっており、ブラケット2段を占有する大型クーラーを搭載している。DDR3メモリを512Mバイト搭載し、HDMI出力にも対応する。「AGP接続のカードは徐々にシェアを減らしていますが、まだ根強く需要があります。AGPでは間違いなくRADEONが主流ですね」(パソコンショップ・アーク)とのこと。

HIS「H385Q512ANP」(写真=左)。通常クロックのHIS「H385F512ANP」も同じタイミングで登場した。価格は2万3480円(写真=中央)。RADEON HD 3850搭載のAGPカードはPowerColorやSapphireからも登場している。価格は2万2000〜2万5000円(写真=右)

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう