ニュース
» 2008年07月02日 11時52分 公開

MS、Mac OSからWindowsを遠隔操作できるRDCクライアントの最終版を提供開始

マイクロソフトは、Windowsのリモート操作を行えるクライアントソフト「Remote Desktop Connection Client for Mac 2」のダウンロード提供を開始した。

[ITmedia]

 マイクロソフト マッキントッシュ ビジネス ユニットは7月2日、Mac OS X向けのリモートデスクトップクライアント「Remote Desktop Connection Client for Mac 2」の最終製品版を発表、ダウンロード提供を開始した。

 β版として公開が行われてきた同名クライアントソフトの最終版で、Intel CPU搭載モデルおよびPowerPC搭載モデルで利用可能なユニバーサルバイナリ形式で提供。一度に複数台のWindowsデスクトップに接続する複数セッションの保持に対応したほか、インタフェースも一新されている。

 ダウンロードはこちらから。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう