ニュース
» 2008年09月17日 15時00分 公開

オンキヨー、Atom搭載「minimum PC」など、ノートPC3シリーズを発表

オンキヨーは9月17日に、SOTECブランドの新製品としてノートPC3シリーズを発表。国内のPCメーカーとしては初となる“Netbook”モデルも登場する。

[ITmedia]

 今回登場する新製品は、Atomを搭載した「SOTEC C1」4モデルと、15.4型ワイド液晶ディスプレイを採用したハイエンドノートPCの「SOTEC R7」1モデル、15.4型液晶ディスプレイを搭載したエントリーノートPCの「SOTEC R5」の6モデルだ。

“台湾チックなNetbookとは違う”と豪語する「SOTEC C1」

Atom N270を搭載する“minimum PC”の「SOTEC C1」

 SOTEC C1は、CPUにAtom N270(動作クロック1.6GHz)、チップセットにIntel 945GSE Expressを搭載する。すでに多くのモデルが登場している「Netbook」のカテゴリーに相当するPCだが、オンキヨーは「minimum PC」という独自の呼称を用いることで、先行するAtom搭載PCとの違いを訴求する。10.1型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、最大解像度は1024×600ドット。キーボードのピッチは17.5ミリ、ストロークは2ミリといった、使い勝手のよさをオンキヨーでは強くアピールしている。

 メモリは標準構成で1Gバイト。オンキヨーの資料では最大容量は2Gバイトと明記されている。ただし、メモリスロットは1つしかないので、1Gバイトの構成から2Gバイトの構成に変更する場合は、メモリモジュールを交換することになる。ストレージデバイスはSSDではなく、120GバイトのHDD(5400rpm)が搭載される。

 本体に用意されるインタフェースには、ギガビットイーサネット、5in1カードスロット(SDメモリーカード、SDHCメモリーカード、メモリースティック、メモリースティックPRO、MMC対応)、USB 2.0、130万画素Webカメラなどがある。ボディサイズは265(幅)×185(奥行き)×31(厚さ)ミリ。重さは約1.2キロ。バッテリーパックの容量は11.1ボルト、2200ミリアンペアアワーで、バッテリー駆動時間は約2.1時間。OSはWindows XP Home Edition Service Pack 3が導入される。

 先行する台湾製Netbookにもほぼ同じスペックの製品が存在するが、「台湾チックなものとは違う」(オンキヨー 事業開発本部 神谷速夫氏)と断言するオンキヨーは、その違いについて「質感」を挙げる。SOTEC C1には、「リッチブラック」と「クリスタルホワイト」のカラーリングモデルが用意されるが、その天面には東芝やヒューレット・パッカード、そして台湾メーカーのAcerも採り入れている「成形同時加飾転写システム」が採用された。

 価格はオープンで、実売予想価格は5万9800円(Office Personal 2007同梱モデルは7万9800円)。ほかに、直販専用モデルの「DC10W」が用意され、統合ビジネスソフトで、店頭モデルで用意されるOffice Personal 2007のほかに、Office Personal with PowerPoint 2007やOffice Professional 2007が選べる。出荷開始は10月下旬からの予定(Officeソフトなしのクリスタルホワイトモデルは10月3日から出荷開始)。

天面にはAcerの「Aspire one」でも導入された転写式のインモールド成形が採用された。リッチブラックとクリスタルホワイトのカラーリングが用意される(写真=左)。一部に変則サイズがあるものの、主要なキーのピッチは17.5ミリを確保する

SOTEC C1の左側面(写真=左)と右側面(写真=右)。USB 2.0にカードスロット、有線LANとモデムがインタフェースとして用意されている

Centrino 2を採用したハイエンドノートの「R7」に、スタンダードノートの「R5」

 SOTEC R7は、パフォーマンスを重視したハイエンドノートPCで、Centrino 2プラットフォームを導入している。15.4型ワイド液晶ディスプレイを採用し、最大解像度は1280×800ドット。CPUにCore 2 Duo P8400(動作クロック2.26GHz)、チップセットはIntel PM45 Expressを搭載。メモリは標準構成でDDR2-800を4Gバイト実装する(ただし、OSがWindows Vista Home Editon Service Pack 1 32ビット版なので、実質3Gバイト)。ほかにも、グラフィックスにモバイル向け外付けGPUの「Mobility Radeon HD 3470」を組み込んでいる。

 無線LANはIEEE802.11a/b/g/n(nはドラフト2.0に準拠)に対応するほか、本体にはExpressCardスロット(/54、/34に対応)USB 2.0×2、そして、HDMI、eSATAなどの最新規格のインタフェースが用意されている。内蔵ドライブはDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブ。サイズは365(幅)×270(奥行き)×36(厚さ)ミリ、重さは約2.7キロ。バッテリー容量は14.4ボルト、4400ミリアンペアアワーで、バッテリー駆動時間は約3時間とされている。

 価格はオープン。実売予想価格は14万9800円。出荷開始は11月中旬の予定だ。

 SOTEC R5は、価格を重視したエントリークラスのノートPCで、15.4型ワイド液晶ディスプレイを採用し、最大解像度は1280×800ドット。CPUは最上位モデルでCore 2 Duo P8400(動作クロック2.26GHz)を搭載するほかはCeleron 575(動作クロック2GHz)を採用している。チップセットはすべてのモデルでグラフィックスコアを統合するNVIDIAのGeForce 8200Mを搭載。OSは、上位4モデルがWindows Vista Home Premium(SP1)で、下位2モデルにはWindows Vista Home Basic(SP1)が導入されている。

 無線LANはIEEE802.11a/b/gに対応するほか、本体にはExpressCardスロット(/54、/34に対応)、USB 2.0×4が用意されている。内蔵ドライブはDVD±R DL対応のDVDスーパーマルチドライブ。サイズは366(幅)×264(奥行き)×36(厚さ)ミリ、重さは約2.7キロ。バッテリー容量は14.4ボルト、2250ミリアンペアアワーで、バッテリー駆動時間は約2.4時間(Core 2 Duo P8400搭載モデル)、または1.7時間(Celeron 575搭載モデル)とされている。

 実売予想価格は7万4800円〜12万9800円。出荷開始は10月中旬の予定だ。

SOTEC R7(写真=左)とSOTEC R5(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年02月23日 更新
  1. デルのプレミアムノートPC「XPS」に2024年モデル Core Ultraプロセッサを搭載してパワーアップ (2024年02月21日)
  2. トラックパッド付きで実売1万円台後半! 保護性能もピカイチな第10世代iPad用のUAG製Bluetoothキーボードケースを試す (2024年02月22日)
  3. マウス、Core i7+RTX 4070搭載ミニタワー型ゲーミングPCを約7万円引きで販売 (2024年02月21日)
  4. スマートホームを一括管理できるコントロールパネル「Amazon Echo Hub」登場 Amazon.co.jp限定販売で2万5980円 (2024年02月21日)
  5. もっと早く知りたかった? 壁面の照明スイッチにボットを簡単取り付けできるオプション2製品を試す (2024年02月20日)
  6. アイロボットが「ルンバ」のサブスクサービスを刷新 サブスクマニアも絶賛するその内容は? (2024年02月22日)
  7. デル・テクノロジーズがKITTE丸の内にポップアップストアを開設 約90種類のPCやアクセサリーを手に取って試せる! (2024年02月22日)
  8. “40年前の名機”をオマージュした「AYANEO Retro Mini PC AM01」をセットアップした (2024年02月21日)
  9. リンクスがBlackview製12型Androidタブレット「Blackview Tab18」の国内取り扱いを開始 (2024年02月22日)
  10. ポータブルゲーミングPCのポート不足はこれで解消! アイ・オーの「USB Type-Cドック」を使って分かったこと (2024年02月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー