液晶輝度とメモリ容量を強化したdynabook「RX2」「NX」発表2009年PC春モデル

» 2009年01月19日 13時00分 公開
[ITmedia]
液晶輝度が向上して室内でも見やすくなった「dynabook SS RX2」

 今回発表された新モデルはdynabook SS RX2が7機種、dynabook NXが5機種になる。RX2もNXも基本仕様は共通で、CPUはCore 2 Duo SU9300(1.20GHz)、12.1型ワイド液晶ディスプレイ搭載(最大解像度1280×800ドット)、内蔵ドライブにはDVDスーパーマルチを採用する(なお、RX2のバリューモデル「RX2/S7H」は光学ドライブを搭載しない)。

 dynabook SS RX2は、上位2モデルでSSDを搭載する。従来モデルと比べて容量が128Gバイトに増やされた。また、すべてのモデルで標準構成のメモリ容量が3Gバイトと強化されている。RX2の新モデルで導入された最大の特徴は液晶ディスプレイの変更で、サイズと解像度は従来モデルと同じながら、最大輝度を250カンデラ平方メートルと増やし、室内における視認性も向上させた。標準で導入されるOSはWindows Vista Business(SP1)で、Windows XPへのダウングレードメディアが付属する。

 ラインアップは7機種用意され、機種によって、ストレージデバイス(SSD、もしくは160GバイトHDD)、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)の有無、Wireless WANの対応、内蔵ドライブの有無が異なっている。SSD128Gバイト、Wireless WAN対応、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)付属の最上位機種となる「RX2/T9HG」の実売予想価格は30万円前後、HDD160Gバイト、Wireless WAN非対応、Office Personal 2007(SP1) PowePoint 2007 (SP1)付属の「RX2/T8H」の実売予想価格は25万円前後とされている。

 dynabook NXは5機種が登場するが、システム構成としては上位機種の「NX/78H」系と下位機種の「NX/76H」系に分けられる。それぞれでカラーバリエーションがあり、NX/78H系では、グラマラスブラックとノーブルホワイト、NX/76H系では、グラマラスブラックとノーブルホワイト、ロータスピンクが用意される。予想される実売価格はNX/78系で20万円前後、NX/76系で19万円前後だ。

 基本仕様はNX/78H系もNX/76H系も同様だが、NX78H系ではSSD128Gバイトを搭載するほか、HDDを搭載するNX/76H系でも容量が250Gバイトと従来モデルから強化されている。また、ユーザーの設定作業やトラブルシューティングを手助けする「無線LANらくらく設定」、「動画で解決!操作ガイド」、「動画で学ぶYouTube」、「スカパー! Netてれび」、「東芝ファイルレスキューDVD対応版」がNXシリーズのすべてのモデルで付属する。標準で導入されるOSはWindows Vista Home Premium(SP1)だ。

SSDの容量とHDDの容量が強化され、メモリも3Gバイトを搭載するdynabook NX。カラーバリエーションはグラマラスブラックとノーブルホワイト、ロータスピンクが用意される

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月30日 更新
  1. 約3万円台半ばでペン付きのAndroidタブレット「Lenovo Tab M11」を試す コンテンツ消費には十分なスペック (2024年05月28日)
  2. 税込み5万8800円で買える「10.9インチiPad(第10世代)」の実力を最新iPad Proユーザーが改めてチェックした (2024年05月29日)
  3. パスワードの「定期的な変更は不要」だが注意点も 総務省がサイバーセキュリティサイトで呼びかけ (2024年05月28日)
  4. 会話が禁じられた謎のメタバース空間「ぷらっとば〜す」なぜ炎上? 内閣府の孤独・孤立対策強化月間企画だが…… (2024年05月30日)
  5. まるで“化粧品”な見た目だけじゃない! エレコムのガジェット新ブランド「ILMF」を使って分かったこと (2024年05月28日)
  6. 総務省がCHUWI(ツーウェイ)を「行政指導」 一部モデルで認証の取得漏れなどが判明 当該機種では「5GHz帯Wi-Fi」は使わないように (2023年04月13日)
  7. 気軽でカラフルなヘッドセットもいいぞ! ビデオ会議でも役立つロジクールの無線モデル「Zone 300」を試す (2024年05月29日)
  8. Socket AM5対応の小型ベアボーン「DeskMini X600」がデビューで即ヒット! (2024年05月27日)
  9. 無料で使える「Chrome OS Flex」! どの程度使えるのかを試した (2022年08月10日)
  10. あなたのPCのWindows 10/11の「ライセンス」はどうなっている? 調べる方法をチェック! (2023年10月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー